離婚の財産分与について

年金ってどうやって分けるの? 離婚の財産分与

投稿日:

離婚の年金分割

離婚の財産分与の中で年金の分割は非常に大切になってきます。まずは離婚における年金の分割制度について理解しておきましょう。

年金制度について

離婚すると半分の年金がそのままま単純に貰えるのではないか?そう考える人が多いようですが、年金分割制度が施行されたからといって話しはそんなに単純ではないのが実情です。まず
大切なのは年金の分割の対象となるのは夫がサラリーマンであれば加入している厚生年金部分、公務員であれば共済年金部分のみになります。また、対象になる期間はあくま婚姻期間中に限られています。

年金分割に関する制度を間違って認識してしまうと将来貰えると思っていた年金の受給額に大きな影響が出てしまいますので注意が必要です。まずは離婚が成立するまでに年金に関する基礎知識をつけて離婚後も老後安定した生活が出来るのか等を確認してお来ましょう。

合意分割と3号分割って何?

年金分割の割合に関するルールは2008年4月から変わっています。それまでは合意分割が適用されていましたが、それ以降は3号分割が適用されています。

合意分割とは

合意分割は夫婦の話し合いで最大で2分の1までを限度に夫婦の話し合いで自由に分割割合を決める事が出来る事を言います。ただ、話し合いで決まらない場合は家庭裁判所に調停を申して立て話し合いをすることになります。

3号分割とは

3号分割は第3号被保険者のみを対象に話し合う事なく自動的に厚生年金(サラリーマンの場合)、または共済年金(公務員の場合)の2分の1を受けると事が出来るという制度です。

3号被保険者とはサラリーマン、公務員に扶養されている妻、または夫の事を言います。ちなみに国民年金の保険料を払っていない人、つまり所得が130万以下の人です。

共働きの場合の離婚の年金はどうなるの?

続いて気になるのが共働きの場合のです。共働きの場合、お互いの収入が関係してきます。
例えば夫の収入(標準報酬月額)が妻より大きい場合は夫の年金を分割することになります。この場合は合意分割のみを適用させることになります。

標準報酬月額とは簡単に言うと厚生年金に加入していた間の平均の収入を月額で表した数字です。

まとめ

離婚における年金の分割は制度をしっかり理解しておかなければ後々で貰えると思っていた年金額も非常に少額になってしまいます。また分割はあくあで婚姻期間中の年金になるので、結婚してすぐに離婚した方の場合はほとんどもらる事が出来ない事を理解しなければなりませんので注意が必要です。

-離婚の財産分与について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.