離婚の財産分与について

金銭以外の財産はどうやって分ける?離婚の財産分与

投稿日:

離婚による財産分与の問題
この記事をご覧いただいている方は、離婚の協議、調停の中で財産分与の話し合いをされており金銭以外の財産をどやって分けるか迷っておられるのではないでしょうか。離婚の財産分与の話し合いの中で問題になるのが金銭以外の財産をどのようにわけていくかです。ポイントを解説していきたいと思います。

売却?現物受け取り?

共有する財産は売却していまえば現金として分配する事が可能になりますが、今売却するよりも後で売るほうが利益が出ると考えて処分せずに保有し続ける事が多くなります。こういった場合は評価額をひとつの目安にして財産分与を話し合い、合意に至れば現物を受けるとる事が可能になります。

評価額

現物で受取る場合の評価額については当然、時期によって異なります。離婚が成立した時、または別居当初の価格を目安に算出するのが一般的です。

ローン・残債がある場合

住宅など、ローンが残っているモノを受取る場合、債権者との話し合いが必要になります。場合によっては、購入時の価格よりも売却時の価格の方が高くなる事もあります。そのような財産を受取る場合には「譲渡所得税」が必要になりますのでご注意ください。

離婚で不動産を分ける場合のポイント

家やマンションなどをその後も売却せずに保有し続ける場合、財産分与の差額分を相手に現金で支払う方法が一般的な方法になります。
この場合は一括で貰うのではなくて分割支払いにすることがおおくなりますが、分割払にする場合は出来るだけ前半で大きめのお金を貰うようにプランニングする事でトラブルを回避出来るようにしておきましょう。また、名義変更や税金関係の問題もあるのでその辺りは弁護士、税理士、司法書士などの専門家に最適な方法を相談しておきましょう。

ローンが残っている不動産の分け方って?

不動産を分ける場合、ローンが残っている状態であれば非常に面倒な手続きになります。
銀行などの債権者の審査と承諾が必要になりますので夫婦間だけの話し合いで解決出来る問題ではなくなってしまいます。こちらも税金関係の問題が関わってくるので専門家の意見を聞いて、最適な方法を確認することをオススメいたします。

まとめ

離婚による金銭以外による財産分与で特に多い案件が不動産の分与です。そしてほとんどの場合が住宅ローンが残った状態での問題です。状況は様々ですので、各事案ごとに最適な方法は変わります。財産分与は非常に大事な事です。離婚に強い弁護士の場合は多くの同じような事案を対応しておりますので一度専門家の意見を聞いてみるのもオススメいたします。

-離婚の財産分与について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.