離婚の財産分与について

離婚の財産分与にかかわる共有財産の範囲って?

投稿日:

d2c0a2fb855770c4ed9358afc6052e25_s
離婚時における財産分与。
夫婦が共に築き上げた財産を半分に分けるのが財産分与です。
しかし、その共有の財産ってどこまでが共有範囲に定められているのか?
今回は財産分与における共有財産の範囲についてまとめていきたいとおもいます。

共有範囲は婚姻中に築いた財産

まず、対象になる財産の範囲は夫婦が共に築き上げた財産です。
具体的にいうと夫婦で共同で購入、取得した家、有価証券、車、美術品、宝石、家財道具などが該当します。

婚姻中の預金の名義は関係なし?!

また、注意が必要なのは結婚してからの預貯金、保険金(解約返戻金なども)も名義がどちらになっていようと共有の財産として扱われます。
自分名義の預金がいくらある、という事は全く無関係です。

将来貰える予定のお金も対象財産?!

例えば、年金、退職金など、今はまだ貰っていない将来貰う予定の財産も婚姻期間中に相当する分は財産分与の対象となります。

負債も共有財産

忘れてはいけないのは住宅ローン、借金関係の負債も財産分与の対象となります。

夫婦特有の財産は対象外になるってホント?

今までの流れでいくと全ての財産を必ず分割するようなイメージになってしまいますが、夫婦特有の財産に認めることができる財産は財産分与の対象外とされています。
たとえば、結婚する前の独身時代に貯めた預金や購入した財産、嫁入り道具、車などは財産分与の対象外になります。

結婚後に親族から受けた相続財産は?

結婚後に親などから受けた相続財産、贈与関係の財産に関しては共有財産からは除外されます。
また、相続、贈与によって受けた財産を売却処分した際に得られる利益に関しても特有財産とみなされますので共有財産として見られる事はありません。

共有財産か?特有財産か?判断が難しい時

共有なのか?特有財産なのか?違いがはっきりしている場合は特に問題ありません。
しかし、夫婦生活の中ではその判断が難しいケースがあります。
例えば、夫婦共働きで生活費を出しあい、お互い余った分を預金に回している、この場合は特有財産(財産分与不要の財産)とみなされる場合もあります。
また、宝石などのプレゼントも相手に贈与したモノと見なされますので特有財産とみなされる場合があります。

判断が難しい場合は?

このように共有財産か?特有財産なのか?判断が難しい場合は多いと思います。
お互いの協議の中で話し合いがまとまる場合は特に問題ありませんが、揉める場合は弁護士などの専門家に相談することをおすすめいたします。
そして最終手段としては家庭裁判所の調停や裁判を使ってはっきりっせる必要があります。

まとめ

財産分与は揉める事が無ければお互いの協議の中で決定していけば全く問題ありません。
しかし、全てがそうウマく進む事はありません。
そんな時は予め決まっているルールに従い話し合いを進めていきましょう。
専門家に相談したい場合は離婚弁護士ラボの弁護士にご相談ください。

-離婚の財産分与について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.