審判離婚について

調停不成立後の審判離婚って何?

更新日:

c79ea94ea2d0d7d277811fb8b0854f5f_s

審判離婚って何?

離婚調停で夫婦の話し合いが合意に至らなかった場合は調停不成立になるのですが、家庭裁判所が調停に代わる審判で離婚を言い渡すケースがあります。
ただし、審判離婚は非常にまれです。
離婚事例の中でも1%程度の数しか該当しません。
審判は問題のほとんどが解決しているにもかかわらず、養育費の額だけが決まらない、病気などの理由に相手が調停に出席できないなど、ごくわずかな理由で調停が成立しないケースに限られます。

なぜ審判が?

離婚合意まぢかで調停不成立になるのは二人にとって不適当である、もったいない、家庭裁判所の調停員にはそんな発想があります。そういった時にその職権を利用して離婚を成立させるのが審判です。
しかし、審判によって離婚が確実に成立するわけではありません。

意義を申し立てれば無効にできる

審判離婚は裁判の判決とは異なっており、簡単に意義申し立てをすることによって無効にすることができます。
審判から2週間以内に夫婦のどちらかが異議申し立て書を提出するだけで、審判の効力は簡単に失われてしまいます。
そして異議の理由は一切問われることはありません。
また、家庭裁判所への出頭の必要もありません。

異議を申し立てることは少ない

調停成立まであと少し、というところまで行っているわけです。
最後のあと一押しを裁判所がやってくれるので審判に対して異議を申し立てるケースは実際少ないようです。

まとめ

審判から2週間を経過しても双方から異議申し立てがなければ審判離婚が成立します。
その後の手続きは調停離婚と同じになります。

-審判離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.