親権に関して

離婚後の親権者変更って難しいの?親の都合だけでは変更出来ない親権問題

投稿日:

お辞儀子供_s

離婚後に親権者を変えたい

離婚後に親権者を変更をすることは実は非常に難しい事であり、複数の条件が決められている。
その要件についてしっかり確認しておくこと。
また離婚時の親権者決定は慎重に取り決めすることが大切である事を再確認して欲しい。

親権者変更は親の都合だけで出来ない

一度決めた親権者の変更は出来ますが、父母の話し合いだけで勝手に変える事はできません。
変更には家庭裁判所の許可が必要なので、まずは親権者変更の調停あるいは新お庵を申し立てます。
これは、親の都合だけで簡単に変更できると、その度に子供の環境が変わってしまうことをさけるためです。

家庭裁判所が変更を認めるのは、子供に暴力をふるったり育児放棄したりして、親権者にふさわしくないとか、親権者が長期入院をして子供の世話が出来ないなどの場合であって、再婚や仕事の都合という理由ではみとめられません。あくまでも親権者の変更が子供の福祉や利益の為に必要と判断した場合です。

親権者が行方不明の場合は審判の申し立てを

親権者変更の調停は、現在の親権者の住所地の家庭裁判所か、当事者が合意で定める家庭裁判所に申し立てます。
親権者が行方不明などの場合は、子供の住所地の家庭裁判所に審判を申し立てます。この場合、子供の祖父母などの親族でも申請出来ます。

調停や審判の流れは、親権者の指定と同様に進められます。
また、親権者の変更が確定した場合、子供の戸籍の親権者欄を書き換える必要があります。
その為、確定日から10日以内に市区町村役所の戸籍係に、親権者変更の届けを出しましょう。
届け出には、調停調書謄本や審判書謄本の他に確定証明書が必要です。

親権者が死亡した場合も親権者変更の手続きが必要

離婚後に子供の親権者が死亡した場合、もう一方の親が親権者になるのが一般的ですが、自動的に変更されるわけではありません。
この場合も、家庭裁判所に審判を申し立てて、変更を認めてもらう必要があります。
また、もう一方の親に問題があって親権者にふさわしくない時は、それに代わる後見人を立てる事になります。
後見人を選ぶには、子供の親族などが、子供の住所地の家庭裁判所に未成年後見人選任の審判を申しててます。
申立人は、意思能力があれば子供本人でもなれます。

親権者変更が認められる場合

・親権者が長期入院した
・親権者が海外転勤を命じられた
・養育環境が悪い
・子供への暴力、虐待が行われている
・子供に労働を強制している
・育児放棄や行方不明で子供を放置している
・継父、継母との仲が悪い
・子供自身が望んでいる

まとめ

親権を変更するにはいくつかの要件が必要となります。
現在離婚が成立済みで親権を変更を悩まれている方、現在離婚の協議、調停中の方も変更にはあらゆる問題がある事を理解しておく事が大切です。

-親権に関して

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.