離婚裁判について

知ってますか?法律が認める離婚事由

投稿日:

離婚事由ってなんだ?
離婚裁判において民法が定める5つの離婚事由にあてはまると裁判書が認めなければ離婚裁判を勝ち取ることは出来ません。日本では夫婦関係の破綻を問題にする破綻主義よりも夫婦関係を破綻させた責任を問う有責主義に重点ををおいているからです。

夫婦の義務

有責の基準となるのが夫婦の義務。実は夫婦が助け合うには暗黙の了解ではなく、民法で定められているんです。「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と明確に定めているのです。裁判所はその責任の有無を明らかにするのです。

有責の有無にかかららな場合もある

夫婦の今後の将来を考えた時に今後婚姻を継続しても修復が不可能なほどの事由も民法は定めています。最近では夫婦関係が破綻したケースの離婚を認める傾向にあります。

民法が定める離婚事由

5つの事由の内第1号〜4号は具体的に例示していますが、該当事例の請求がすべて容認されるとは限りません。その理由は夫婦ごとに背景が異なるためです。したがって実際には夫婦関係の状態を掘り下げて心理を行います。その為、表面上では同じ状況であっても違う結果が出る事はよくあります。また、第5号の「婚姻を継続しがた重大事由」は破綻主義を推進するものであり幅広い解釈が可能です。ここの解釈は証人や証人尋問などの結果を見て担当する裁判官の判断に委ねられます。

rikonziyuu

まとめ

離婚事由は民法第770条で定められていますが、その解釈は夫婦毎にことなり、裁判官の判断に委ねられるのであくまで一つの指標として見ておきましょう。

-離婚裁判について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.