離婚裁判について

不安解消!離婚裁判にかかる弁護士費用の相場について

投稿日:

9bc10926f795622a8892d898aa9dee77_s
離婚調停が不成立に終わり、次に裁判離婚に進む事が決まり弁護士を立てる事を検討しているあなた。
弁護士を立てる以上、弁護士費用が必要になります。
でも弁護士を立てる際の費用が不安になることが多いんではないでしょうか。
今回はその弁護士の費用について分かりやすくまとめてみたいとおもいます。

なぜ裁判離婚は弁護士が必要なの?

裁判離婚を行う場合、相手が弁護士を立てている場合は自身も弁護士を立てなければ不利に追い込まれます。弁護士は法律のプロです。あらゆる証拠を法律のプロとして効果的に使い証明します。仲間であれば安心ですが、相手の場合は法律の素人である方からすれば強敵です。
また、相手が弁護士を立てているかどうか関係なく少しでも有利に裁判離婚をすすめるためには法律の専門家である弁護士を立てることをおすすめいたします。

裁判離婚に必要な弁護士費用の詳細

基本的に弁護士費用は明確にどの弁護士も 「この費用で受けます」という固定の費用は決まっていません。また、最近ではインターネット広告を中心に費用を安く受けてくれる弁護士の先生も増えております。

ちなみに離婚裁判を行った場合に離婚の結果を獲得するまでにかかる費用は大体70万〜80万ほどかかると言われています。

1. 相談費用

まずは弁護士に現在の争っている状況を伝え今後の戦い方などについてアドバイスを貰う必要があります。相談表の相場としては30分5000円(税抜)が必要になります。最近ではインターネットを活用して複数の弁護士が広告を出しており初回相談は無料の弁護士から相談に関しては何度でも無料という先生もいらっしゃいます。ネットで検索される事おすすめいたします。

2,離婚裁判の着手金

離婚裁判をお願いする弁護士に対する初期費用みたいなモノが着手金です。
相場としては20万〜40万程度です。

3,離婚裁判の成功報酬

離婚裁判が完了した時の成功報酬が必要になります。

離婚裁判の基本報酬

離婚裁判が解決、終了した事に対してかかる費用です。
相場は30万〜40万です。

,離婚裁判での離婚が成立した時の報酬

離婚裁判で望んでいる結果が得られた場合にかかる費用です。(離婚を望んでいる人の場合に離婚が成立した場合など)
基本報酬しかかからない事務所もありますが、基本報酬と個別で成功報酬がかかる事務所もあります。

相場は10万〜20万ほどです。

,離婚裁判の親権獲得報酬

離婚裁判で親権獲得出来た時の成功報酬。
基本報酬しかかからない事務所もありますが、基本報酬と個別で成功報酬がかかる事務所もあります。
相場は10万〜20万です。

離婚裁判の慰謝料請求の成功報酬

離婚裁判で慰謝料を獲得出来た時の成功報酬。
慰謝料を得る事を出来た金額の10%〜20%が相場です。

離婚裁判の財産分与獲得の成功報酬

離婚裁判において財産分与を獲得することが出来た時の成功報酬。
財産分与で得る事が出来た金額の10%〜20%が相場です。

離婚裁判の養育費獲得の成功報酬

養育費獲得した時の成功報酬です。
養育費1年間合計費用の10%が相場です。

実費

自分で裁判を行った場合の裁判費用の実費です。

その他

その他にも婚姻費用や年金分割で得る事が出来た金額の10%などが成功報酬として必要になります。

まとめ

裁判離婚に関する弁護士費用について、いかがでしたでしょうか。
もし、費用に関して難しいという場合は法テラスを利用することもオススメいたします。
弁護士費用を立て替えてくれるサービスになりますので自己負担を少なくすることができます。

法テラス 弁護士費用建て替え

-離婚裁判について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.