離婚裁判について

裁判離婚って弁護士の力が必要なの?離婚に強い弁護士に聞いてみた

更新日:

7d25fc1b72cbd492bf93478a2403e51c_s
離婚調停が不成立に終わり、それでも強く離婚を望んでいる場合、次に進む道は家庭裁判所の訴訟を起こす方法、裁判離婚です。裁判と言われると不安に思われるイメージが強いと思います。弁護士を立てないといけないのか?どんなことをするのか?
そんな方の為に今回は裁判離婚についてまとめていきたいと思います。

法廷で争う裁判離婚

離婚裁判をおこす場合、民法で定める離婚原因が必要になります。
(離婚事由に関しては後に記述します)
これまでは離婚の原因も別れたい理由なども夫婦の問題としてきたのですが、裁判では、なぜ離婚するのか?という離婚原因が問われてきます。

原告と被告として扱う

離婚はあくまで夫婦間の問題ですが、一旦訴訟になった場合は離婚を訴えた側を原告、訴えられた側を被告として法廷で争うことになります。

離婚の決着がつく

裁判離婚により、一旦判決が出た場合、どんなに不満な内容でも、それに従わなければなりません。離婚するか、しないか、決まったことに対して従わなければならないわけですから、厳しい戦いになることは覚悟しないとなりません。

弁護士が必要

裁判離婚は今までの調停や審判とは根本的に違います。
訴状を作成するにも法律の専門知識が非常に重要になってきます。
裁判までの調停や審判の雰囲気に慣れたから裁判も同じ感じかな?
自分に離婚原因はないし、相手が悪いんだし余裕かな?
そんな事を考えて裁判を自分だけで進めるのは本当に甘い考えです。

相手が弁護士を立てている

相手が弁護士を立ててきた場合、専門的知識なしで一人で対応した場合、確実に不利な状況に陥ってしまいます。

裁判を有利に進める為に大切な事

裁判では自分の主張をいかに立証するかで勝敗が決されます。
証拠、証言など、法律にそってうまく使っていかなければなりませんので法律的なノウハウは必須になってきます。
逆に相手が弁護士を立てているおり、自分は法律の知識が無い状態で挑んだ場合、貰えるはずだった額の慰謝料も減額されるなど不利な状況に追い込まれる可能性が高くなります。

弁護士に依頼した場合のメリット

実際弁護士に依頼をした場合、費用がかかってきますが、それ以上のメリットがあります。

客観的に証明できる

客観的に争点を分析し事実関係を証明する事ができます。
どの部分について話し合いをすべきか過去の判例など含めて正しい判断ができます。

弁護士は代理人

実際に離婚裁判を行う場合、相手に会いたくないと思う事も多いと思います。
弁護士は依頼者の代理人として裁判に出席することができます。
その際に依頼人は法廷に出席する必要は無くなります。
基本的には必要な時だけ法廷に出れば良いようになります。

まとめ

離婚裁判は今までの調停、審判とは全く違うことがご理解いただけましたでしょうか。
今までの調停、審判と比較して法律的な知識が必要になります。
したがって弁護士などの専門家に相談されることを強くおすすめいたします。

次は離婚裁判にかかる費用について書いていきたいとおもいます。

-離婚裁判について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.