知っておきたい裁判離婚の流れ

離婚裁判の流れにつてい
離婚調停が不調に終わった場合に、次に進むのは離婚裁判です。
離婚裁判に進む事が決まった今、不安な事が多いのではないでしょうか。
離婚裁判は離婚の話し合いの最終回と言える戦いです。ここで決まった事については従わなけれなばなりません。したがって完璧な状態で準備をして挑む事が必要になります。
絶対に負けられない。そんな方の為に今回は離婚裁判の流れについてまとめていきたいと思います。

裁判離婚を起こす必要条件

まず、離婚裁判を起こす為の条件について見ていきたいと思います。
条件は2つです。一つは離婚調停が不調に終わった事。そしてもう一つが配偶者側に離婚原因があることです。離婚原因については以下のように定められています。
1,配偶者の不貞行為
2,号配偶者の 悪意の遺棄
3,配偶者の生死が3年不明
4,配偶者が回復の見込みの無い精神疾患
5,婚姻の継続がし難い重大な事由があるとき

この場合離婚裁判を起こす事が可能になります。

離婚裁判で行き着く結果とは

離婚裁判を行うとどのような結果になるのか?気になると思います。離婚裁判を行うと取り下げ・調停・和解・判決の4パターンのどれかにいきつきます。

取り下げ

取り下げは裁判を提起した原告が離婚を取り下げる事です。取り下げるわけですからまだ離婚は成立していません。

裁判からの調停

裁判からの調停は裁判で争う必要もないと裁判官が判断した場合に家庭裁判所の調停に戻り調停で合意を図る事を言います。

和解

裁判の進捗状況を見て、これ以上争う必要もなく和解が可能だと裁判官が判断すれば和解が成立します。その場合は和解調書が作成されて裁判は終了します。和解の提案を受けた場合は、従うかどうかは裁判の行方次第です。その時は弁護士にどうするべきか相談しましょう。(裁判離婚の場合は弁護士がいることが前提です。弁護士なしで戦うというのは少し甘いかと思います。)

判決

判決は裁判の行方を見て裁判官が妥当だと思った形の判決が言い渡されます。
この判決が言い渡された場合、原則従わなければなりません。しかし納得がいかない場合には上訴する事が可能になっており、上級裁判所にて再度心理を行う事が可能になります。

裁判の流れ

続いて離婚裁判の流れです。最終的な結果に進むまでどのようなプロセスを通ってくるのかを見てみましょう。

1,訴状の提出

まずは管轄の家庭裁判所に訴状2通と必要書類を送付しましょう。
手続きに必要な書類は以下となります。
1,訴状2通
2,請求内容に応じた収入印紙
3,書類送達用などの郵便切手代
4,夫婦の戸籍謄本
5,情報や証拠などの諸結

2, 呼出状が送られる

次に指板所から原告と被告に対して第一回期日が指定された呼出状が送られます。この時被告(相手)は自分が訴えられた事を知ることになります。被告に対しては訴状の副本が同封されており、期日までに訴状に対する答弁書を作成し裁判所と原告またはその代理人におくるように指示されます。

答弁書にはその訴状内容を認めるのか、認めないのかの明確な答えと、認め無い時はその理由記載することになります。

3,口頭弁論

お互いの主張が出揃った所で次は口頭弁論がスタートします。
はじめの数回は訴状や回答書などの提出した準備書類をもとにそれぞれが主張を述べるだけですので、弁護士などの代理人を立てた場合は本人が出廷する必要がなくなります。

和解勧告

争点が整理された所で、裁判官から和解がススメられます。和解勧告は裁判中に何度もすすめられますが納得しない場合は応じる必要はありません。和解に応じない場合は結審となり判決がくだされます。不服がなければ判決が確定し離婚が成立します。

まとめ

離婚裁判の流れ、いかがでしたでしょうか。実際に裁判を行う場合は弁護士に依頼をすることをオススメします。離婚裁判って弁護士に依頼したほうがいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする