協議離婚について

協議離婚って何?協議離婚について突っ込んで調べてみた

更新日:

話し合い_s

協議離婚について突っ込んで調べてみたいと思います

離婚の方法にはいろいろな方法がありますが、今回は協議離婚についてまとめてみたいと思います。

協議って何を協議するの?

協議離婚において協議される事は離婚の意思と離婚条件についてを協議します。自分だけの価値観だけを押し付けるのではなくお互いの妥協点を探りながら話し合いをし対応していきます。まずは離婚をしたいという意思を伝える所から始まりますが、最初のハードルは相手が離婚に応じてくれるかどうか?です。拒否された時は根気よく説明していくことが大切です。その後、お互いに離婚意思を納得した場合は離婚条件の協議に入っていきます。実際に別れるとなった場合はいろいろと取り決めをしておかなければなりません。ここでお互い今は夫婦だから、気のしれた仲だから、という気持ちで安心して手抜きをしてしまうと離婚後にトラブルが発生する原因となります。大切な事はこれでもか?というほど細かい所まで取り決めをしておくこと、信用出来るからといって軽いニュアンスで決めない事が大切です。協議離婚する場合も後で揉めないためにも弁護士さんに軽くアドバイスを受けておくことは大切です。

何を優先する?離婚条件の決め方

離婚条件を決めていく場合、自分にとっての優先順位を決めておくことが大切です。離婚後の事を考えた場合、お金や子供の事がメインになってくるかと思います。その後の人生の事を考えた場合、多少強欲と言われても出来るだけ自分に有利な条件をまずは提示することは必須かと思います。また無理な条件になりすぎないように自分にとっての優先順位を決めて要望を提示することも大切な事であります。特に子供の事に関してはお互いの事を好きな子供であれば子供の考え気持ちを第一優先に考えてあげることも一つです。

協議離婚に関するメリットとデメリット 弁護士に相談してみた

協議離婚について上記のように進む事を考えた場合、非常に楽でスムーズな離婚方法に感じるのですが、協議離婚にはメリットとデメリットが存在します。
どんなことがあるのか確認しておくことが大切です。専門家である離婚に強い弁護士の先生に聞いてみました。

協議離婚のメリット

・離婚したいときに理由は問われません
・話し合いをする場合、場所日時など第三者が絡まないので自由に決めることが可能です
・弁護士の先生などに依頼はしなくても出来てしまうので費用がかかりません。
・誰にも知れれる事なく離婚を解決させる事が可能です。
・揉めなければ最短で離婚をすることができます。早いです。

デメリット

・話がまとまらない場合感情的になってしまいます
・離婚条件などの結論を急ぎすぎてしまいコジレル場合もあります。
・弁護士などの専門家不在の為法律的な知識に欠けており正当な意見を言っているのか分からない。
・離婚条件の取り決めが甘くなってしまい離婚後にトラブルになる

総合的に見ると協議離婚する場合も弁護士などの専門家を挟むほうが良いかとおもいます。

-協議離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.