離婚の基礎知識

離婚するにはそれなりに理由が必要?離婚、慰謝料に強い弁護士に聞いてみた。

更新日:

背中_s

離婚したい!そう思った時いったい理由が必要なのか?

結論から言うと理由が必要な場合と必要で無い場合が存在しています。つまり片方が離婚したい!と言って離婚が認められる場合もあれば、理由によっては認める事が出来ない場合があります。今回は「離婚を出来る理由」について離婚に強い離婚弁護士ラボがまとめてみたいと思います。

離婚の理由が必要な時不要な時

まず離婚をしたいという意思が双方で合意している場合はどんな理由であっても離婚は成立します。しかし、どちらか一方が離婚を希望しており、もう一方が離婚を望まない場合、相手を納得させる為の理由が必要となります。例えば「愛情が亡くなった」「ライフスタイルが違う」「価値観の相違」こういった事を理由に掲げた場合、説得力に欠けてしまい、なおさら相手は離婚をしたくないいう意思が強くなり離婚が成立するまでには相当な時間がかかってしまう事でしょう。なお最終手段となる離婚裁判を起こす場合は法律で定める離婚理由が必要となり、それらが認めらえないと離婚も認めれる事はありません。

離婚の原因を作った側からの離婚請求は困難なんですよ

離婚の原因を作ったのが「浮気・暴力・浪費・家出・ギャンブル」などの夫婦として守るべき義務に違反した場合、原因を作った側に問題がある(有責配偶者)とみなされ不利な立場となり、有責配偶者は離婚を切りだされ慰謝料請求をされた場合は素直に応じなければなりません。逆に有責配偶者から離婚を切り出しても相手が認めなければ離婚は困難になります。よくあるのが浮気がバレてその愛人と暮らしたいと考え、離婚を切り出すパターンです。そんな身勝手な事は簡単に認めるにはいきません。

このような状況で家庭裁判所に案件を持ち込んでも有責配偶者は常に弱い立場となり弱者の言い分が優先される事になります。

最終的にはどうするの?

最終的には個々の判断に委ねられる事になります。離婚原因が重要になるのは離婚訴訟、慰謝料請求の時などになります。どちらにどれだけの責任があるかで離婚の正当性も慰謝料の金額も決まってきます。離婚の原因や離婚にいたる理由は夫婦毎にそれぞれ違ってきます。従って判断は様々なわけです。例えば夫の浮気が離婚原因となり慰謝料請求をする場合も、夫が浮気をするに至る背景として妻からの嫌悪、セックスレス、放置などがあった場合は単なる浮気が原因の離婚では無くなってしまいます。離婚問題を抱えている渦中の中ではお互いにお互いの正当性を表現する為話し合いは平行線をたどります。離婚裁判の場合は法律をもとに過去の判例をもとに話しをまとめていく為比較的スムーズに解決することが可能です。最終的にこじれてしまった場合は法律の専門家である弁護士にお願いするのが良いかと思います。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.