離婚の基礎知識

離婚に強い信頼出来る弁護士を探す4つのポイント

更新日:

六法全書
協議離婚が不調に終わり、離婚調停、離婚裁判に進まなければならない場合、気になるのは弁護士を立てるかどうか?また、どのようにして離婚に強い弁護士に出会うか?ではないでしょうか。

・弁護士というと敷居が高い
・弁護士ってキツイ事言うんではないか?
・気の会う弁護士に会いたい
・弁護士の費用が気になる

弁護士を探す時の不安な気持ちは様々です。
そんな方の為に今回は弁護士を探す時のポイントについてまとめていきたいと思います。

1,紹介してもらう

まず最初の方法は離婚を以前経験している方から弁護士を紹介してもらう事です。離婚調停を起こす場合は弁護士を代理人として立てることで様々なメリットがでます。また裁判離婚の場合には弁護士に依頼をすることがかかせません。

弁護士を探す時のポイントは離婚裁判の実績や経験がどれくらいあるかということです。弁護士には得意分野が存在します。中には離婚はあまり対応したくない、という弁護士もいます。出来れば離婚に強い弁護士を探したいモノです。

最も効率的なのは過去に離婚を経験した人から当時の担当弁護士を紹介してもらうことです。もし、紹介してもらう際にはどんな所に良い点があったのかなどを説明を受けて自身で納得出来るようにしておきましょう。

2,弁護士専門のポータルサイトを使う

最もオススメな方法は弁護士専門のポータルサイトを使うことです。
最近では「離婚 弁護士」「慰謝料 弁護士」などの検索を行うと複数の離婚男女問題に強い弁護士を探す為のポータルサイトが出て出来ます。

1,電話相談が出来る弁護士を探す

離婚に強い弁護士を探すポータルサイトを見ていると、電話相談を受ける弁護士と受けない弁護士がいます。まずは気軽に現状をお話してみましょう。その時の対応が親身であるかどうかを話しながら聞いてみましょう。中には離婚は面倒だと思っている弁護士もいますが、その受け答えで大体がわかります。

2、初回相談料30分無料の弁護士

初回の相談料について完全無料の弁護士や30分間だけ無料の弁護士がいます。まずは現状を会って伝えてみて、どれくらい真剣に対応してくれるかをみましょう。

3、土日、祝日、夜間対応可能な弁護士

相談したいと思う日時は週末、夜間あたりではないでしょうか?最近ではこの時間に相談を受けてくれる弁護士の先生が増えています。離婚に強い弁護士に関しても、この時間に相談に乗ってくれるということはそれだけ依頼者目線で考えてくれている証拠です。

ポータルサイトを使う場合は上記のような点を確認しまずは電話相談をしてみてから、どのような雰囲気の先生かを確認することをオススメいたします。

離婚するならこんな弁護士を探そう!

総合的に見た時に以下の点を意識して弁護士を探すと良いでしょう。

1,離婚を専門にしている

離婚に関する事件の解決件数が多い事。経験が多いほどより有利な結果を取りやすくなります。

2,丁寧な説明をしてくれる

専門用語をやさしく噛み砕き面倒くさがらず優しく説明してくれる弁護士をさがしましょう。

3,忙しすぎない弁護士を探す

弁護士の中には案件を多くかかえすぎて、非常に忙しくしている弁護士がいます。その場合自分の案件以外の相談も多くあるため、自分の離婚事件に対して使われる時間もすくなるなります。ですので、あまり忙しくしているような弁護士は避けておくことをオススメします。

4,話しやすい弁護士を探す

弁護士と言われると硬いイメージが強いのではないでしょうか。確かに硬い感じの弁護士もいますが、話しやすいサービス意識の高い弁護士もいます。出来るだけ話しやすい弁護士を探し、自分の本音を打ち明けられるようにしましょう。

まとめ

弁護士を探す為のポイントをまとめてみました。
離婚弁護士ラボに登録しております弁護士に一度ご相談ください。

-離婚の基礎知識
-

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.