離婚の基礎知識

婚姻を継続し難い重大な事由ってどんな時?

更新日:

婚姻をし難い重大な事由
裁判によって離婚をする場合、離婚理由が必要になります。その中で最も多用される事が多いのが「婚姻を継続し難い重大な事由」です。多くの離婚訴訟はここにあてはまります。

柔軟に設定された離婚事由

これまでの第1号から第4号の離婚事由は具体的な原因がありましたが5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」は個々に判断する必要がある時に用いられるものです。実際に離婚原因となるとそれは夫婦ごとに多種多様なわけですから、出来るだけ幅広く離婚請求に応じる事が出来るように敢えて明確では無い柔軟な離婚事由とされています。

例えば正確の不一致

例えば離婚原因にもっとも多いのが正確の不一致です。正確の不一致とは言ってもそれがどれくらいの重大な問題になるかは双方の言い分を聞き、関係の修復は不可能と判断しなければ離婚を認めることは出来ません。つまり、いずれにしても個々のケースを細かく判断することが必要なのが離婚事由第5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」です。

主な婚姻を継続し難い重大な事由

それでは、夫婦関係の破綻に該当するような主な原因についてみていきたいと思います。

性格の不一致

夫婦間での性格や価値観相違について違うことは当然ですので離婚が認められるかは極めてまれです。離婚を認めてもらうには夫婦関係が破綻した具体的事実とそれがどれだけ深刻であるかを認めてもらうかが肝になります。

金銭問題

金銭問題は浪費癖とギャンブル、それに伴う借金です。生活が圧迫されるほどクレジットカードを使って買い物をしていたり、ギャンブルにのめり込んでいたり、勝手に借金をしていたりすれば離婚事由に該当します。

親族問題

よくある事例は配偶者の親族との不仲、親の介護などです。妻が姑と仲が悪い。配偶者の母親の介護で寝る時間も無い。

宗教上の問題

一般的には宗教活動は事由とされていますが、宗教問題で家族が犠牲になるようなことがあれば離婚原因になります。

暴行・虐待

配偶者からの暴力、DVは離婚理由になります。身体的な暴力だけでなく心身に有害と考えれられる言動もDVとみなされます。

性的問題

夫婦の性生活が問題になる場合は相手が嫌がる異常な行為に対してです。セックスレスや強引な性行為、などとにかく異常な性行為に対して問題視されます。

その他の問題

回復の可能性が無い病気、突然の逮捕、犯罪、趣味思考など。その他夫婦関係が破綻し修復が不可能と認められる場合。

まとめ

婚姻を継続し難い重大な理由についてまとめてみました。どのケースに該当するか分からない場合、実際に離婚裁判を起こそうとしている場合、一度弁護士に相談するのもひとつです。是非参考にしてください。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.