離婚の基礎知識

配偶者の不貞行為ってどこまで?

投稿日:

4a7a4a3eedc33422e7b0d6970ea19f72_s
夫が不倫しているかもしれない、妻が不倫しているのでは?そう思った時にいったどこまでが不貞行為になるのか、気になる方も多いと思います。
今回は不貞行為の範囲について見ていきたいと思います。

不貞行為の定義って

夫婦関係にある以上、配偶者以外と性的関係を持ってはいけない、という義務があります。つまりその義務を破り配偶者以外の人と性的な関係を持つ事が不貞行為とされています。要するに不倫や浮気を不貞行為というわけですね。

不貞の範囲はあるの?

しかし、気になるのはドコからが不貞行為になり、どこまでが許されるのか?という点です。
基本的にこの不貞の範囲については明確な基準が存在しておらず、過去の判例では配偶者以外の人と自分の意思で異性関係を持った場合、不貞行為と定めているようです。

不貞行為にならないケース

配偶者が他の異性と性的な関係にあることが分かり、辛いかもしれませんがその場合でも不貞行為に該当しない場合があります。
例えば、お酒に酔った勢いで見ず知らずの女性と無意識に位一夜を共にした場合、どうでしょうか。普通に考えると不貞行為になりますが偶然に発生した事であり、本人も反省しており離婚も望んでいない、という場合は離婚請求を棄却する判決をくだす事がまれにあります。

肉体関係に無いケースは?

たとえば、元カノなど元恋人が忘れられずに定期的に会っているなど、肉体関係は無い、こういった場合は不貞行為にはあたりません。

疑わしい場合は?

性的な関係があることなどの証拠は特に掴んでいない。相手も否定している場合。この場合は相手の不貞行為を立証するしかありません。

不貞行為が認められない場合

・肉体関係は無い、特定の人に思いがある
・食事などをしている
・証拠がなく疑わしいだけ
・元カノと今でも親しい関係
・別居後など夫婦関係が既に破綻

不貞行為が認められる場合

・浮気をしている
・出来心でも配偶者以外と肉体関係を持った場合
・偶発的に一度だけの肉体関係がある

不貞行為と認められない場合の離婚と慰謝料は?

法律が不貞行為と認める事が出来ないような事であっても絶対に許せないということもあるでしょう。そういった場合は「婚姻を継続しがたい重要な事由」として争いましょう。不貞行為に該当しなくても、今後夫婦関係の修復が困難と判断されれば離婚出来る可能性はあります。また、不貞行為として見なされないケースでも相手のどこかに非があれば多くの場合で慰謝料請求が可能ですので、そんな場合も弁護士に相談しましょう。

まとめ

配偶者以外と性的な関係を持った場合に確実に不貞行為にはならないので注意が必要です。
しかし、場合によってはその場合でも離婚も慰謝料請求も可能な事があります。
迷った時は専門家である弁護士に相談される事オススメいたします。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.