離婚の基礎知識

離婚を弁護士に依頼するメリット・デメリット

更新日:

0873dfe9137bc14b33a466a859c39eef_s
パートナーの不倫やDVなどで離婚がしたい!そう思った時にこれから待ち受けているのは
離婚条件をまとめることです。慰謝料はどうするのか?財産分与はどうするのか?養育費は?婚姻費用は?協議離婚、調停離婚、裁判離婚、実際に弁護士に依頼すべきかどうかわからない。確実に自分が求める離婚、離婚条件を勝ち取るためにはどうしたら良いのか。
離婚を弁護士に依頼した場合、実際に弁護士は何をしてくれるのか?離婚を弁護士に依頼した場合の メリット、デメリットって何?まとめてみました。

弁護士に離婚問題を依頼すると何をしてくれる?

離婚を弁護士に依頼した場合、弁護士はあなたの代理人になりほとんどのことをやってくれます。

1、まず離婚の交渉

離婚をしよう!そう思った時、まずやるのは協議です。離婚したい旨を相手に伝えて交渉をすすめていきます。しかし、離婚をしようとしている相手に対して話をする訳ですので、ストレスがかかります。そんな時弁護士は依頼者に代わり、代理人として離婚相手と話をすすめていきます。そして話がまとまった場合、合意書の作成を代行してくれます。

2, 次は調停

話し合いで離婚のする合意が得られなかった場合、次に進むのは家庭裁判所での離婚調停となります。家庭裁判所の調停委員の力を使って離婚をまとめていくのでまずは裁判所に対して、調停の申し立て書を作成しなければなりません。また、調停が進む中で証拠の提出や、主張を書面にてまとめて提出するなどが求めらます。
弁護士に調停を依頼した場合は、申し立て書の作成から証拠の提出、主張の文書作成提出、代理人として調停に出席(自分はいかない)などを対応してくれます。
またこれは弁護士アルアルなのですが、調停の途中から弁護士に依頼をされた場合、不利な状況になっていることが多く、初めから任せてくれていればもっとスムーズに進んでいるのに、そう思うことがよくあります。複雑な案件であれば早めに依頼しておく方が良いかとおもいます。

3.最後に 裁判

調停でも話がまとまらなかった場合は次は離婚訴訟を起こすことになります。離婚訴訟で決まったことは不服であったとしてもそれに従わなければなりません。つまり、絶対に負けられない戦いでもあるのです。したがって裁判となった場合は基本的に弁護士に依頼することをおすすめいたします。
裁判は法と証拠に基ずいて離婚が認められるかどうかを判断していきます。したがって裁判官が納得するような法的な根拠で証拠を提出していくことが必要になります。離婚に強い弁護士はそのあたりを熟知しています。

弁護士に依頼するメリットは?

次に弁護士に離婚を離婚を依頼した場合のメリットをみていきましょう

丸投げすることができる

依頼者の代理人として基本的にほとんどのことを代行してくれます。
調停や裁判においても有利に話を進めることが可能になります。

強気の姿勢を見せる

離婚において弁護士を依頼しない人も多くいらっしゃいますが、弁護士に依頼することで相手方はもちろん、調停における調停委員、裁判における裁判官に対して本気の姿勢を見せることができます。マイナス効果はなくプラスにはたらきます。

弁護士に離婚を依頼する場合のデメリット

なんといってもデメリットは弁護士費用ではないでしょうか。
しかし、弁護士に依頼した場合、「費用対効果」で見るほうが良い気がします。
自分で離婚調停、離婚裁判を進める事で貰えるはずの慰謝料、養育費、財産分与がもらえない、慰謝料の額が小さくなってしまった、などが発生するようであれば弁護士に依頼して確実に自分の希望を勝ち取るほうが良いかもしれません。
迷った時は一度弁護士に電話や初回無料相談などを使って相談してみるのも一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は離婚を弁護士に依頼した場合のメリット、デメリットについてまとめてみました。
まず、悩んでおられる方はインターネットなどの無料相談の広告を出されている弁護士に一度ご相談されることおすすめいたします。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.