離婚の基礎知識

離婚の弁護士費用っていくら?知らなきゃ損する弁護士費用の相場

投稿日:

94f5faacba48629061ad3fbb937c99e6_s

離婚を弁護士に依頼した時の費用って

離婚をする際に必ずしも弁護士に依頼をする必要はありません。
しかし、中には複雑な問題を抱えていたり、相手が裁判離婚をする事を目論んでいたりした場合、弁護士に依頼する方がスムーズに解決することがあります。
ただ、弁護士に依頼をした場合、それなりの費用がかかってきます。
ここでは弁護士に依頼をした場合どのような費用がかかるのか、見て行きたいとおもいます。

弁護士報酬とは

弁護士費用には主に3つの費用が存在します。

着手金

調停、審判、裁判、今回の離婚の結果が満足いった、いかなかったに関係なく弁護士に依頼をした際にかかる初期費用だと思ってください。
離婚調停の場合・・・・20万〜30万程度の事務所が多いです。(正式な費用は弁護士単位で異なるります)
離婚訴訟の場合・・・・20万〜30万程度の事務所が多いです。(正式な費用は弁護士単位で異なるります)
なお弁護士が調停担当してから裁判に発展した場合は裁判の際の着手金は0円の事務所もあります。

報酬金

調停、裁判の成功の程度に応じて支払う費用です。
成功報酬になっており完全に負けてしまった場合は支払いの必要がありません。
離婚調停の場合・・・・20万〜30万程度の事務所が多いです。(正式な費用は弁護士単位で異なるります)
離婚訴訟の場合・・・・10万〜0万程度の事務所が多いです。(正式な費用は弁護士単位で異なるります)

相談料

最後に相談料がかかります。
相談料は一般的に30分5000円(税抜)がかかります。
その後の30分毎に5000円が発生するのが相場と思っておきましょう。
しかし、最近では初回相談料を無料にしている弁護士の先生も多くなってきました。
また、電話での相談をうけてくれる親身な弁護士の先生も増えており、現在の状況を説明し弁護士が必要かどうかを確認することも可能です。
当サイト、離婚弁護士ラボ内の弁護士の先生も電話相談承っております。お気軽にお問い合わせください。

まとめ

弁護士に離婚を依頼した場合以下の費用は見ておきましょう。
調停着手金・・・20万〜30万
調停報酬金・・・20万〜30万
離婚訴訟着手金・・・10万〜0万
離婚訴訟報酬金・・・20万〜50万

調停着手20万→報酬20万→訴訟着手10万→訴訟報酬20万→合計70万
調停から裁判まで通して弁護士に依頼した場合、少なく見積もりっても70万程度かかります。
あくまで、調停から裁判まで進んだ場合となります。
まずは無料相談などを使って弁護士に依頼すべき事案かどうか判断されることおすすめいたします。
弁護士費用ガイド 費用の目安
 

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.