離婚の基礎知識

離婚に種類ってあるの?知ってます?4つの離婚の種類

更新日:

分かれ道_s

離婚の種類について調べてみた

一口に離婚と言っても離婚の方法には4つ存在します。
調停離婚
協議離婚
審判離婚
裁判離婚
ひとつずつ離婚の種類について見ていきたいと思います。

協議離婚とは

協議離婚はご夫婦が二人で話し合いによって離婚する最もスムーズな離婚方法です。理由は関係なく、夫婦ふたりが合意の上の離婚ですのでスムーズになります。注意が必要な事は簡単に離婚することができる故に話し合いの内容や履行についてもきちんと取り決めしておかないと離婚後にトラブルになる事がありますので、その辺りはきっちりと弁護士などの専門家を通して完結させておくことがおすすめです。

調停離婚とは

家庭裁判所の調停を利用して離婚をする方法です。夫婦のどちらか一方が申し立て人となって行われます。調停委員が夫婦双方の言い分を聞いて離婚条件の合意も含め調整します。お互いに話し合いが決裂した場合は不調となって終わってしまうので必ず離婚がまとまるわけではありません。

審判離婚とは

調停で話しがまとまらずに不調となった場合に家庭裁判所が離婚することが妥当だと判断した場合に限り、職権で下す審判により離婚する方法。しかし審判は意義申し立てを行われると無効になってしますので実際に審判離婚で離婚が成立するこは極めて稀であります。

裁判離婚とは

そのままですが、裁判離婚とは裁判をつかって離婚する方法です。上記のように協議、調停、審判を使っても離婚ができなかった場合に夫婦のどちらかが家庭裁判所に離婚訴訟を起こす形となります。ここで大切なのが、訴訟を起こす場合、民法が定める離婚原因が必要です。裁判では証拠の提示や、尋問などが行われ、その結果出された判決に対してとくに不服申し立てがなければ判決が確定してしまします。

いずれの離婚方法も一人で離婚成立まで確定させるのは容易ではありません。協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、いずれの離婚も一人で苦しいと思った時には離婚に強い弁護士に相談するのが一番です。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.