離婚の基礎知識

知ってますか?離婚成立までの流れ。離婚の基礎知識について弁護士に聞いてみた

更新日:

印鑑_s

離婚成立までの流れについて離婚に強い弁護士さんい聞いてみた

離婚したい、そう思った時に大切なのが離婚成立までの流れです。片方が離婚をしたい、と言ったから簡単に離婚が成立するわけではありません。
離婚に強い弁護士先生に聞いて見ましょう。

以外と大変な離婚届提出までの流れ

離婚のゴールは記入漏れの無い離婚届を役所に提出して受理された時です。届け出に不備があればあっけないほどに事務的に処理されて離婚が成立してしまいます。
しかし、そんなにスムーズに行かないのが離婚です。離婚を考えだすと幾度と無く悩み、迷い、争いがくりかえされます。あっけなく双方が合意する、という事になれば良いのですが、ほとんどの場合、簡単に合意することはありません。揉めると家庭裁判所に申し立てて、調停や裁判で決着を計る形になります。離婚するには結婚する時の数倍ものエネルギーが必要となります。一つの家庭が崩壊するわけですから、肉体的にも精神的にも負担は大きなものとなります。またその後の人生の不安を考えると・・・・・・・・・容易ではないことです。離婚を考えた時には良き理解者に出会う事が大切です。親身な弁護士。夫婦問題カウンセラーなど様々な専門家が存在します。
最近では初回相談は無料にしてくれる弁護士先生も多くなってきましたので気軽に相談してみましょう。

知ってます?離婚に必要な2つの合意

離婚するには夫婦で合意が必要なものが2つあります。一つは離婚の意思でもう一つ離婚条件と言われているものです。当然ですが離婚刷ることに夫婦双方が合意していなければ話は進みません。空いてが分かれなく無いと言い張ればスタート地点で止まってしまいます。まずは離婚の意思を確認しましょう。離婚することに合意が得られたら、離婚条件の具体的な話し合いに写りますが、これがもっともやっかいです。離婚の意思のように気持ちだけでは片付ける事が出来ない人間の欲望と欲望の闘いが始まるからです。この闘いによって、離婚が成立するまでの時間、そして費用が決まり、最終的には精神的、肉体的疲労の加減が変わってきます。

離婚までの道のり

お互いに離婚の意思を確認する

離婚条件について話し合う
・財産分与 養育費 慰謝料

合意しない場合は家庭裁判所へ

離婚調停        
↓            ↓
↓ 離婚審判
離婚裁判 ←  ←  ← ←↓

離婚成立 or再度話し合い

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.