離婚の基礎知識

その結論で本当に後悔しない?離婚を考えた時に大切なこと

更新日:

焦らない_s

離婚を思い立った場合、結論を出す前に冷静になる事が大切


離婚をしたい、そう思った時、勢いに任せると前に冷静になる事が非常に大切です。本当にその結論で後悔しないのか?一度考え直してみてください。

まずは立ち止まって冷静になる事が大切です。

結婚した時の事を思い出して見ましょう。離婚は結婚よりも強いエネルギーが必要で勢いにまかせてすすめる事ではありません。一時の感情に流され、署名押印した離婚届を叩きつけて家を出る、などというのは愚かな行為です。相手から暴力を受けたりなどの肉体的、精神的苦痛がある場合は別ですが怒りや不満から短絡的に離婚の結論を出さない事。自分としてはどうするべきか考える時間を持ちましょう。

一度冷却する期間を設けるのもひとつです

離婚問題を抱えていると相手の顔を見ただけでイライラしてしまいます。こんな状況では解決出来る問題も解決することは不可能になってしまいます。どうしても冷静になれないというのならばしばらく実家に戻る、友人の所に泊まる、ホテルに移るなど、違った環境で考える時間を確保するのです。また少しでも迷いがあるのならば別居を提案してみるのも一案です。離婚後の生活のリハーサルにもなりますし、経済的に不安があれば風雨府の扶養義務があるので相手に生活費を出させる事が出来ます。

弁護士や離婚カウンセラーなどの専門家の意見を聞いてみる

一人で悩んでいても結論が出ない場合、弁護士、離婚カウンセラー、夫婦問題カウンセラーなどの専門家に相談することも一つです。相談を公的な期間や法律の専門家に広げれば、法律の知識や情報にもとづいたアドバイスが受けられます。お金をかけたく無い場合でも最近では無料で法律相談に乗ってくれる離婚に強い弁護士が多数存在します。まずは電話で現在の状況をお話して頂きどうすべきか?を相談してみると良いでしょう。

-離婚の基礎知識

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.