離婚したい意思を伝える4つの方法とタイミング

離婚の意思の伝え方

この記事をご覧の方は今まさに離婚を切り出したい理由があり、どのようにしてその意思を伝えるか、どのタイミングで伝えるべきか、考えておられるのではないでしょうか。すでに離婚するという意思が固まった状態かと思いますが、伝え方は非常に大切です。

離婚を切り出す場合、特にDVなどが原因であれば伝え方とタイミングはとても重要になります。今回は離婚を切り出す場合の最適な方法とタイミングについて解説していきたいと思います。

配偶者への伝達方法

まず離婚するという気持ちがかたまったら次にするべき事は相手へその意思を伝える事です。その気持を伝えなければ物事は前に進む事はありません。

伝え方の基本は出来るだけ口頭が良いといえます。メールや手紙などの方法もあるのですが、記録として残るモノは裁判へと進んだ場合に不利な証拠として出される可能性もありますので注意が必要です。

1,口頭で伝える

口頭で伝える場合、その意思・覚悟をしっかり伝える事が出来ます。相手に時間を取ってもらう事でしっかり意思が伝わるので誤解を防ぐ事が出来ます。

2,電話で伝える

電話で伝える場合、相手の感情などに流されずしっかり自分の気持ちをしっかり伝える事が出来ます。

3,メールで伝える

メールで伝える場合、全てをメールで完了させるのではなく、相手の感情的な反応を防ぐ事を目的で使いましょう。その後に再度口頭で話し合いの場を設けましょう。

4,手紙で伝える

手紙で伝える場合、相手に冷静に自分の主張を伝える事が出来る事とと相手に距離感を与える事が出来ます。

離婚を伝える時は冷静に

口頭、電話、メール、手紙、どのような手段で伝える場合であっても最初の最初の内容は出来るだけ冷静に伝える事を徹底しましょう。ここで大切なのは離婚をしたい気持ちを理解してもらうことです。

離婚条件などに関してここで話しをする必要はありません。そして一方的喋るのではなく相手の意思も確認する事が大切です。

離婚をしたい理由がDVなどで二人きりで話し合う事が危険な場合は弁護士などの第三者に間にはいってもらう事をオススメいたします。離婚条件などに関してはその後に回数を重ねて優先順位を決めて合意させていけば大丈夫です。その際にも弁護士などに相談をする事もオススメいたします。

家族・子供への伝え方について

家族や親兄弟へ伝える際には離婚後の生活の見通しなどもしっかり計画している事なども説明出来るようにして出来るだけ周囲に心配をかけないようにしましょう。ですが、強がる事ばかりでなくお子様がいらっしゃるケースではいろいろと迷惑をかけるかもしれない旨を伝え力を貸して欲しい事もお願いしておくと良いと思います。

子供に伝える場合

子供が離婚について理解出来るような年頃であれば隠さずに伝える事が大切です。そして離婚する事がマイナスでは無い事をしっかり理解してもらいましょう。そうする事で子供も安心する事が出来ます。

出来るだけやってはならないのは配偶者の悪口を言う事です。子供にとっては父親も母親もかけがえのない存在です。子供の心を傷つけない為にもそうすることをオススメします。

まとめ

離婚の意思を伝える方法についてまとめてみました。是非参考にされてください。
離婚の意思を伝えた後にその後の対応について不安な方は一度弁護士などの専門家に相談してみるのもオススメでうす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする