離婚後の生活が心配なら離婚する前から職探しをしておこう!

離婚する前に資格取得
離婚をする事を決めた場合、その後不自由が無い生活が出来るか?については必ず気になる事ではないでしょうか。
正社員で働けるのか?パートで働いた方がいいのか?資格を取得すると条件はよくなるのか?

今回はそんな方の為に、離婚後の人生を支えるべく、離婚する前からの職探しについてまとめていきたいと思います。

離婚する前から職探しをしておくのが大事

離婚することを考えてる場合、現在が無職の状態であれば離婚後の生活の事を考えて早めに職探しをしておくことが得策といえます。なぜかというと、シングルマザーなどの職探しというのは大変厳しいの現実です。子供が熱を出した時に会社を休まれる、離婚しているという偏見などもある、採用側としては積極的にはなりにくいのが現実です。そういった事を離婚後に体験するよりも、離婚する前に現実をうけとめたほうが気持ちは多少楽になります。

職へ高望みはしない

最初から正社員を目指さなくともパート・アルバイトから契約社員、正社員と登用制度が整っている職を探すと良いでしょう。前項でも申した通り、残念ではありますが、採用側としても積極的に最初から契約社員、正社員という風にはしにくいものです。そこを理解して活動される事をおすすめします。

養育費など貰える金銭の確認

職を決める場合、推定の養育費、国からの補助などを予め計算しておき、最低どこまで妥協することが出来るかを確認して職探しをしましょう。

離婚する前に資格の取得を

離婚を機に職探しをするのであれば、出来るだけ有利に就職が出来るように資格を取得しスキルアップしておくことをオススメいたします。また最低限ワード、エクセルなどは使えるようになっておくことをオススメします。ハローワークが行っている就職支援制度でパソコンの使い方や専門的スキルを磨くモノや就職活動のノウハウをアドバイスしてくれるものがありますので最寄りのハローワークに一度連絡してみましょう。

一般的には専門的スキルを持っていると就職には有利ですので離婚をする前から学校に通って資格取得に向けた勉強をしておく方法もあります。また、パート・アルバイトなどをしながら資格の取得の為の勉強をして最終的に正社員になるという方法もあります。

Aプラン〜離婚して正社員のメリット・デメリット

<メリット>
・安定した収入を長期に渡り得る事が見込める
・社会保険に加入することが出来る
・賞与や昇給などアルバイト・パートと違い給与が増える可能性がある
・福利厚生がしっかりしている

<デメリット>
・簡単に正社員になるのは難しいので就活には時間がかかる
・拘束時間が長くなるので子育てとの両立は難しい
・パート、アルバイトよりも責任が伴う
・労働時間の調整が難しい

プランB〜離婚してパート・アルバイトから仕事をはじめる

<メリット>
・短期間で仕事を見つけることが出来る
・働く時間の希望が通りやすい
・経験は不問で採用される場合が多い
・頑張り次第で正社員登用の道もある

<デメリット>
・収入が不安定 正社員と較べても少ない
・社会保険への加入が難しい
・仕事にやりがいが求めにくい
・金銭面での高待遇は見込めない(賞与などなし)

プランC〜スキルを身につけてから資格取得後に就職

<メリット>
・条件良く就職出来る
・就職後も労働条件を良くしていくことが可能になる。
・その後も有利に転職することが可能になる
・やり甲斐のある仕事を選ぶ事が出来るよになる。

<デメリット>
・資格の取得には時間がかかる
・取得しても就職が約束されるというわけではない
・資格を取得するまでは就職していなければ収入は0
・資格によって年齢や学歴は制限がある

まとめ

離婚の前に職探しをしておく事とスキルアップに励む事についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする