離婚の慰謝料請求

離婚の慰謝料請求相場と高額な慰謝料を獲得するためのポイント!

更新日:

慰謝料の相場を高める方法
こちらの記事を検索して読んで頂いている方は、夫または妻の不貞行為、DVなど精神的苦痛を受け、慰謝料を請求することを検討されていてるのではないでしょうか?

「今回の精神的苦痛でどのくらいの金額の慰謝料を請求する事が出来るのか?」
「その慰謝料を高める為の方法はるのか?」
「慰謝料を請求すると時の注意点は?」
「弁護士に依頼した方が良いのか?」
「弁護士に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのか?」

慰謝料の請求関して、様々なポイントについて知りたいと思われているのではないでしょうか?
慰謝料を請求しようと思った時、知っていると知らないでは、大きく損得が変わる事があります。

また、弁護士などの専門家に相談しておいたほうが請求に関するトラブルは確実に防ぐ事ができますし、相場よりも高額な慰謝料の請求に成功する事があります。

今回は慰謝料を請求したと思われている方の為に、慰謝料の相場とより高額な慰謝料を請求する為の方法と注意点についてまとめていきたいとおもいます。

この記事が少しでもあなたの為になれば幸いです。

慰謝料が請求出来る場合ってどんなとき?

慰謝料とは?「相手のがした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に、”感情を慰める”為に支払ってもらえるお金のことです。損害賠償の一種と言えます。

よく誤解されているのは離婚をする場合、全てにおいて「慰謝料」が発生すると思っている人がいることです。ただ、離婚するだけでは慰謝料は発生することはありません。なんらかの精神的苦痛を受けることによって発生します。

1,不貞行為・浮気の場合

相手不貞行為や浮気をした場合には慰謝料の請求が可能になります。
基本的には一度きりの関係などでは請求は難しくなります、継続的な関係であることが必要になります。

2,DV(暴力)モラハラ(暴言)などの場合

相手の暴力や暴言などによって身体的または精神的に苦痛をうけた場合、慰謝料の請求は可能になります。

3,悪意の遺棄

悪意の遺棄とは簡単に言うと「夫婦が協力して生活していく義務に違反すること」をいいます。この場合、慰謝料の請求が可能になります。
・生活費をまったく渡してくれない
・相手が理由なくアパートに帰ってこない
・夫が妻に対して家を出ざるおえないような状況にする
・健康状態に異常がないのに夫が働こうとしない。
・夫が理由もなく他アパートを借りてくらしている
このような状況の場合、悪意の遺棄に該当し、慰謝料の請求が可能になります。

4,セックスレス

こちらから性交渉を求めているのに関わらずセックスレスになった場合は慰謝料の請求が可能です。身体的な理由で性交渉が難しい場合は請求が難しくなります。

5,ギャンブル依存

パチンコなどギャンンブルで浪費することで家庭に迷惑をかけている場合、慰謝料の請求が可能になります。

画像
請求できる場合、できない場合

慰謝料の相場ってどれくらい?

慰謝料を請求しようと思った時に気になるのが、自分は今回どれくらいの慰謝料を請求することができるのか?その相場ではないでしょうか?慰謝料の相場はどのような精神的苦痛を与えらえたか?相手にどれだけ非があったか?によって金額が決まってきます。
よく1億円の慰謝料を請求する!などということを言われる方がいますが実際には裁判例などで相場は決まっていますので、実現の可能性は低いといえます。

それでは事案別にどのような相場あるのかを見ていきましょう

不貞行為・浮気の場合の相場

浮気、不貞行為の場合は100万円〜500万円が相場になります。

DV(暴力)モラハラ(暴言)などの場合の相場

DV、モラハラの場合の慰謝料は50万円〜500万円が相場になります。

悪意の遺棄の相場

悪意の遺棄の場合の慰謝料は50万円〜300万円が相場になります。

セックスレス

セックスレスの場合の慰謝料は100万円〜300万円が相場になります。

画像も入れる

どのような項目により慰謝料は高額になるのか?

次にどのようなことがあると高額な慰謝料請求ができるのか?みていきたいと思います。

1,共通する慰謝料が高額になる条件

<1、夫婦の資産状況>
資産状況に余裕があればあるほど高額の慰謝料の請求が可能になります。

<2、婚姻期間>
婚姻期間が長ければ長いほど相手の行為を受けた場合の精神的苦痛は大きいとされます。その結果婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になります。

<3、年齢>
慰謝料を請求する側の年齢が高いほど慰謝料の額も高くなる傾向にあります。

<4、職業・収入>
相手の職業や収入によって請求できる慰謝料の額は高くなります。社会的立場にふさわしい慰謝料はどの程度か?という考えになります。

<5、未成年の子供の数が何人いるか?>
未成年(養育が必要な子供)が何人いるか?養育が必要な子供が多ければおおいほど慰謝料の額は高くなります。

2,不倫・浮気など不貞行為により慰謝料が高額になる条件

以下のようなことに該当する場合、慰謝料は高額になります。

1,不倫関係が長いこと(期間で言うと3年以上の期間不倫関係があれば長いと言える)
2,不倫された事が原因で夫婦が別居になった場合
3,不倫相手と同居しているような場合
4,不倫相手が女性であり妊娠している、または出産したような場合
5.不倫行為を知る事でうつ病などの精神疾患にかかってしまった場合

3,悪意の遺棄の慰謝料が高額になる条件

以下のような場合悪意の遺棄で慰謝料は高額になります。

1,別居している期間が長い
2.悪意の遺棄後に自身に非がないのに関わらず別居となってしまった場合
3.自身が収入がない専業主婦である事を分かっているにも関わらず、生活費を入れない
4.夫の体調に異常がないにも関わらず、働かない、借金をしている場合

3,セックスレスで高額になる場合

以下のような場合セックスレスで慰謝料は高額になります。
1,セックスレスの期間が長いこと(3年以上の場合長いといえます)
2,夫婦ではセックスレスだが不倫相手とはセックスしていた場合

上記のように高額になる条件は期間と相手の非がどれくらいあるか?が中心となります。

慰謝料を高額にする為にできることはあるのか?

証拠を集めることによって慰謝料を高額にする方法があります!
その方法を以下ににまとめてみました、ご覧ください。

1,浮気・不倫の場合の証拠

不倫などの不貞行為は隠された場所で行われますのでその証拠を集めるのは簡単ではありません。しかし、以下のような証拠を集めることができれば裁判になった場合でも有利に進めることができますし高額な慰謝料の請求が実現しやすくなります。

1,不倫・浮気が行われるであろうホテルなどに入っていく写真(ラブホテルが望ましい)
2,探偵などを使い、ホテルの寝室などの現場の写真を抑えると効果的です
3,LINEやメールなど、不貞行為を裏付けるような記録がされているもの。
4,配偶者や不倫相手が不倫していた事を認めた書面(念書など)
5,精神的苦痛を受けうつ病などの診断を受けた診断書

2,DV・暴力、暴言があった場合証拠

1,暴力や暴言の回数がどれくらいあるか回数を証明出来ること
2,暴力や暴言の期間を証明出来る(メモなどを詳細に記録しておく)
3,暴力を受けた傷の写真 (携帯などで写真を記録しましょう)
4,暴力を受けた診断書(病院で診断書をもらいましょう)
5,暴言などの場合、ボイスレコーダーなどの記録
6.精神内科などの診断書

3,悪意の遺棄の場合の証拠

1,通帳関係の記録(生活費が入っていないなど)
2,別居の理由と日時をメモしておきましょう。
3,別居している住所などが分かるもの。賃貸契約書などの情報をコピーとっておきましょう

4,セックスレスの場合の証拠

1,セックスレスが分かるような記録、メモ を残しておきましょう。

慰謝料請求の流れについて教えて欲しい!

ここまで慰謝料の仕組みや考え方をまとめてきましたが、ここからは実際に慰謝料を請求する場合、なにからすれば良いのか?気になっている方の為にまとめていきたいと思います。

1,まずは冷静に話し合いをしましょう

<1,同居している場合の方法>
まずは同居している場合が多いかと思います。その場合、慰謝料を請求したい旨を口頭でも良いのでつたえましょう。その際に相手に慰謝料を払ってくれるかの意思確認をしましょう。また、希望する金額をつたえましょう。

<2,別居している場合の方法>
別居している場合は直接慰謝料を請求する旨を伝えにくいですし会って話をするのも相手が嫌がる事が多いでしょう。その場合はメールや最近ならLINEなどで慰謝料を請求したい旨を残しておきましょう。また請求したい金額に関しても記録しておきましょう。

このLINEや携帯のメールなどで相手が動いてくれない場合は、内容証明の郵便を送付しましょう。内容証明の郵便は法的になにか効力があるのか?というと特にはありません。しかし、郵便局の局長の印鑑が入ることで相手へのプレッシャーを与える効果があります。また、当然、郵便を送付した証拠ともなりま。

2,話し合いで慰謝料請求がまとまらねければ調停の申し立てを行う

基本的に相手の住所地の家庭裁判所に夫婦関係調整申立書を提出する事で申し立てをしましょう。
調停離婚とその手続き方法

3,離婚調停でも話がまとまらない場合には離婚裁判を

離婚調停で話がまとまらなかった場合には次は離婚裁判となります。
この場合の注意点としては裁判離婚する為には離婚原因が必須となります。
知ってますか?法律が定める離婚理由

<離婚理由>
第1号:配偶者に不貞行為があった
第2号:配偶者の悪意の遺棄があった
第3号:配偶者の生死が3年以上明らかでない時
第4号:配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない
第5号:その他婚姻を継続し難い重大な事由がある時

慰謝料請求が可能なケースではほぼ離婚原因にも該当するかと思われます。

<離婚裁判の流れ>
裁判は以下の流れで進めていきます。
知っておきたい離婚裁判の流れ 
1,訴状の作成
2,訴状の提出
3,呼び出し状の送付
4,口頭弁論
5,和解勧告
6,判決

途中、和解が何度もすすめられますが、納得できない場合は和解に応じる必要はありあせん。和解に応じない場合は審判となり判決が下されます。不服がなければ離婚が成立します。

離婚の慰謝料請求を弁護士に依頼するとどれくらいの費用がかかる?

離婚の慰謝料請求をする場合、自分でやるのは大変な労力がかかりそうだと不安な方が多いのではないでしょうか?そんな時の為に法律の専門家である弁護士は、離婚の成立、慰謝料の請求などを代理人として解決させてくれます。

弁護士に相談するだけであれば相談費用が必要になります。調停自体を代理人として弁護士に依頼する場合は別途弁護士費用が必要になります。

相談料

弁護士に相談する費用は30分5000円(税別)が相場です。相談無料の弁護士も増えています。(最近では相談料無料の弁護士の先生もいらっしゃいます)

着手金

依頼する場合は着手金20万〜30万

報酬

離婚が成立した場合の成功報酬が20万〜40万程度必要になります。

不安解消!離婚裁判にかかる弁護士費用の相場について

弁護士は法律のプロです、慰謝料を高額にする為に集めた証拠も効果的に調停や裁判で使用する事で有利に話し合いをススメていくノウハウを持っています。精神的労力、身体的労力を考えても一度弁護士に相談される事をオススメいたします。

まとめ

慰謝料を請求する為の方法、高額な慰謝料を請求する為の方法についてまとめてみました。
参考にして頂ければと思います。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.