離婚の慰謝料請求

知っておきたい離婚の慰謝料請求や財産分与のトラブル事例

更新日:

慰謝料と財産分与に関するトラブル

離婚すると決めた以上、慰謝料請求や財産分与などの複雑なお金の話をまとめていかなければなりません。しかし、離婚をするというだけ夫婦双方の強い感情が絡み合っており、お互いが自分に少しでも都合が良い条件で話がまとまるように話をすすめていきたいのが離婚に関するお金の話です。
その結果離婚に関するお金の話ではトラブルが絶えないのが事実です。
今回は離婚にまつわるお金に関するトラブル事例に関してまとめていきたいと思います。

ヘソクリの共有財産に気づかなかったトラブル

夫婦のどちらかが「へそくり」を作っている事はよくあることです。当然「へそくり」は共有財産になります。なかには宝石や金塊などを購入して銀行などの貸金庫に預けている場合がありあす。
こういったへそくりは共有財産であれば財産分与の対象になります。共有財産の範囲って?
しかし、実際には気づかないまま隠し通されてしまう事が多くなります。

離婚した後でへそくり財産がある事に気づいた場合、離婚成立後に2年以内であれば改めて財産分与の請求をおこすことができます。ですが、そのヘソクリが婚姻中の財産であったことを証明する必要があり、既に財産を処分していることが多いため請求するのは難しい場合がほとんどです。

脅しとウソによるトラブル

財産分与の話し合いの際に相手がウソをついたり、脅しを受けたりするケースがあります。例えば財財産の名義が自分のモノは財産分与の対象ではない!や、購入した住宅に住まわせてやるから早く離婚届けにサインするように迫られたり、こういった脅しや自分では判断が出来ないような事を言われた時には離婚前であれば弁護士に相談したり、調停を申し立てることで正しい解決をすることができます。
注意したいのは離婚後や公正証書に署名捺印してしまっている場合です。この場合は非常に不利な状況といえます。そうならない為にも「おかしい」と思ったら専門家である弁護士に相談されることをおすすめします。

財産分与を放棄してしまったトラブル

離婚をしたいと思った時はどうしても感情的になっていることが多いかもしれません。
どうしても早く離婚を成立させたいが為に財産分与に関して不要と口にしてしまいほとんどの財産を持って行かれてしまったケースを時々聞きます。当然、口にしただけでは財産分与の請求権が放棄されることはありません。こういった事を口にしてしまうと後々揉めてしまう原因になりますので言動にはきをつけましょう。

また、今後財産分与の請求は一切しないと明記された離婚協議書に署名捺印してまった場合はその後に請求することは困難になるので注意が必要です。

公正証書の作成が出来ないトラブル

離婚協議の中で財産分与や慰謝料の取り決めを文書に残すことは何度も説明をしてきました。
人によっては公正証書の作成を面倒だとイヤがり、離婚の合意内容までを白紙にしようとされる事があります。そういった場合は覚書や念書にすることを提案してみましょう。
念書と覚書の書き方

まとめ

ご覧のように離婚問題におけるお金の話し合いは予想もしていないところからトラブルへと発展してしまうことがあります。対応策としては分からないことは弁護士などの専門家に確認すること、簡単に書面へのサインは控えることです。参考にしてください。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.