離婚の慰謝料請求

離婚調停のメリット離婚調停で高額の慰謝料請求を行う為に大切なこと

更新日:

7769aea14848ccdf5615efaa731e3716_s

離婚調停で慰謝料を請求するメリットって何?高額な慰謝料請求をしたい

調停とは裁判所で調停委員らが同席した上での話し合いです。
裁判所を利用する手続きですので、離婚調停で慰謝料請求するというと、なんとなく抵抗があるな、と思われる事も多いと思います。
そこで、離婚調停で慰謝料を請求するべきかを検討してもらうために、離婚調停で慰謝料請求するメリットを協議離婚(話し合い)の場合と比較して書いていきます。

1,離婚調停は調停委員が間に入るので、話し合いがまとまりやすい

当事者同士での話し合いではどうしても双方感情的になってしまい、なかなか話し合いがまとまらないことも多いでしょう。
このように夫婦ふたりでの話し合いでは話がまとまらない場合でも調停委員という第三者が間に入る事で冷静にスムーズに話し合いを進める事が出来ます。
これは離婚調停を使って慰謝料請求をする1つ目のメリットといえるのではないでしょうか。

2,調停成立で調停調書が作成される

調停をするメリット 2つ目は調停成立で調停調書が作られる事があげられます。
調停調書があると相手が調停での話し合いで決まった慰謝料、養育費、財産分与を支払ってくれない、などがあったとしても容易に相手側の給料や財産を差し押さえする事が法的に可能になります。つまり、協議離婚の話し合いで決めた時よりも、より確実に離婚に関わるお金(慰謝料・財産分与・養育費・婚姻費用)を回収出来る可能性が高まるわけです。したがってこちらも離婚調停で慰謝料請求をするメリットといえるのはでないでしょうか。

調停で慰謝料請求が争われる場合とは?

当事者同士の話し合いで合意することが出来れば、まずは話し合いで慰謝料の金額は決まります。しかし、全部が全部スムーズに話し合いがまとまるわけではありません。ですので以下のような場合は離婚調停を使い第三者のちからをかりて慰謝料の支払いをまとめた方が良いでしょう。

・感情的で話し合いがまとまらない場合
・証拠をつきつけても相手が違法な行為の事実を認めない場合
・相手が暴力的でまともに話をすることが難しい場合
・話し合いはまとまりそうだが実際に慰謝料の請求をしても支払ってくれない可能性が高い場合(離婚調停が成立すると、調停調書が作成され強制的に回収出来る)

慰謝料を請求する2種類の調停

離婚調停を請求する調停は大きく分けて二種類に分類されます。離婚前なのか離婚後なのかで別れています。

離婚前の場合

離婚前に調停で慰謝料を争う場合、離婚調停(正確には「夫婦関係調整調停」)にて慰謝料を支払うか否かとその金額が争われることとなります。家庭裁判所により調停委員が間に入り行われます。

離婚後の場合

離婚後の場合、慰謝料請求調停で慰謝料を支払うか否か、及びその金額が争われることになります。こちらも家庭裁判所により調停委員が間に入り行われます。

不倫相手に調停で慰謝料請求する場合

不倫相手に対して慰謝料請求調停を申し立てる事も可能です。
この場合は請求する金がうに応じて簡易裁判所、または地方裁判所で行われる事になります。

どのような時慰謝料のは高く請求出来る?

慰謝料請求には相場があることはご存知だと思います。では実際、どのような時に慰謝料は高額になりやすいのか見ていきたいと思います。

調停では、以下の事実を証明出来るものがあると有利に離婚調停での慰謝料請求を進めることができます。

・婚姻期間が長期にわたること
・相手の所得が高いこと
・年齢が高めであること
・不倫関係が長期にわたること
・DV・モラハラの期間が長期にわたること、回数も多い
・悪意の遺棄にあたる別居期間が長期にわたること
・セックスレスの期間が長期化している

まとめ

今回は離婚調停を使った慰謝料請求のメリット、調停を有効利用する為の情報についてまとめてみました。不明点があれば弁護士などの専門家に電話などで無料相談してもらうこともおすすめいたします。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.