離婚の慰謝料請求

不倫の慰謝料請求相場と損しない請求額の高め方

投稿日:

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s
妻や夫が不倫している事を知った時、怒りと悲しみが押し寄せてくるかと思います。
そして同時に離婚をする事が頭をよぎるかと思います。
不倫により離婚をする場合、精神的苦痛を与えられた事によって慰謝料を請求することが出来ます。
今回は慰謝料の請求相場と請求額を高める方法についてまとめていきたいとおもいます。

出来るだけ高い額の慰謝料を請求して相手を苦しめてやりたい、そう思われる事が多いと思いますが感情的になってはいけません。

慰謝料の算定基準

妻、夫が不倫、浮気をしている事が分かった時、慰謝料はどれくらい貰えるのだろうか?と思われる方が多いのではないでしょうか?
慰謝料の相場でも説明した通り、感情的になり相場からケタ外れた金額を請求したとしても揉める事で裁判などになってしまい余計な費用がかかってしまいます。
また、裁判になってしまうと場合によっては慰謝料が0円になってしまうこともあります。
大切な事は妥当な金額を請求することです。
妥当な金額とは何か?
慰謝料の金額は

「不倫相手の収入」
「結婚期間」
「離婚の原因(不倫の内容の悪質性等)」
などを加味して慰謝料の金額は決定します。 事案は様々ですので、慰謝料の金額にもバラつきがありますが、不倫や浮気の場合100万〜500万が相場といえそうです。

慰謝料の請求額を高める為の主張

慰謝料の請求額を高める為に必要な事は今回の不倫によって自分自身がどれだけ精神的苦痛を受ける事になったか、裏付ける証拠を集めて裁判官に主張し裁判官にも納得してもらうことです。
例えば、精神的苦痛により精神内科に通っておりウツ病の診断を受けているなど、診断書を持って主張するなどして証明していくとより有効的だと思われます。
正確な慰謝料額に関しては法律のプロである弁護士に一度相談される事をオススメいたします。

まとめ

不倫の慰謝料請求をする場合、相場よりも高い請求額を一方的に提示する事は逆にマイナスが多くなります。
請求額を相場よりも高める為には、不倫によって自身が受けた精神的苦痛の証明を出来るだけ多く集めておくことがカギになります。
不倫かな?と思った時には参考にされてください。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.