離婚の慰謝料請求

慰謝料の金額ってどれくらい?慰謝料の相場

更新日:

慰謝料の相場について
浮気、DV、悪意の遺棄、その他、慰謝料を請求出来るケースは様々です。慰謝料は自らが受けた精神的、肉体的苦痛に対する損害賠償であり、貰える金額は様々です。その肉体的、精神的苦痛を受けている方にとってはその損害賠償がどれほどの金額であらわされるのかは早急に知りたいと思われる事では無いでしょうか。

そんな方の為に、今回は慰謝料請求の相場について分かり易く解説していきたいと思います。

慰謝料請求の基本

まずは慰謝料の基本について確認してください。
「慰謝料請求とは相手の行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償の事を言います。」
離婚をするから必ず請求出来るモノではありません。以下のような場合に慰謝料の請求は可能になります。ご自身が慰謝料の請求の対象になるか確認してみてください。

慰謝料請求が出来るケース

離婚時の慰謝料相場について

慰謝料の金額には決まりがなく、請求する側とされる側が納得すれば、それが請求額となります。
ニュースなどで芸能人が法外的な離婚慰謝料の支払いが報じられていますが、話し合いのすえに合意していれば数千万、いや数億の慰謝料も可能になります。しかしそれは例外中の例外。実際には過去の判例などをもとに慰謝料の金額を決める事が多くなります。

1,浮気・不倫の場合

相手の不貞行為があった場合100万〜500万程度が慰謝料の相場と言われています。

2,悪意の遺棄の場合

相手が生活費の支払いをせず家出をしてしまった悪意の遺棄の場合、50万〜300万程度が相場と言われています。

3,DV・暴力、暴言があった場合

DVがあった場合50万〜500万程度が慰謝料の相場になります。

4,セックスレス

セックスレスの場合0万〜100万程度が慰謝料の相場になります。

5,一方的に離婚を切りだされた場合

一方的に離婚を切りだされた場合0万〜100万程度が慰謝料の相場になります。

慰謝料を高額にする為の要素

事案別の慰謝料の相場はご理解頂けたと思いますが、相場には100万〜500万など開きがあります。その開きには慰謝料の金額を左右する要素が関わってきます。どのような要素があると慰謝料は高額になるのでしょうか?それでは慰謝料を高額にする為の要素について見ていきましょう。
慰謝料増額する要素

証拠を使って慰謝料を高額にする為の方法

証拠を揃える事で慰謝料を高額にすることができます。それでは事案別にどのような証拠を集めていくべきなのか。見ていきたいと思います。

1,浮気・不倫の場合の証拠

不倫や浮気というのは基本的には自分がいない所で行われている事ですから証拠を集めるのは容易ではないと思います。ですが、以下のような証拠を集めて頂けると裁判に関しても有利に進める事が出来ますし高額な慰謝料が請求しやすくなります。

・不貞が行われるであろうホテルなどに入っていく写真(ラブホテルが望ましい)
・探偵などを使い、ホテルの寝室などの現場の写真を抑える
・LINEやメールなど、不貞行為を裏付けるような記録がされているもの。
・配偶者や不倫相手が不倫していた事を認めた書面(念書など)
・精神的苦痛を受けうつ病などの診断を受けた診断書

2,DV・暴力、暴言があった場合証拠

・暴力や暴言の回数がどれくらいあるか回数を証明出来ること
・暴力や暴言の期間を証明出来る(メモなどを詳細に記録しておく)
・暴力を受けた傷の写真
・暴力を受けた診断書
・暴言などの場合、ボイスレコーダーなどの記録
・精神内科などの診断書

3,悪意の遺棄の場合の証拠

・通帳関係の記録(生活費が入っていないなど)
・別居の理由と日時のメモ
・別居している住所などが分かるもの。賃貸契約書など

4,セックスレスの場合の証拠

・セックスレスが分かるような記録、メモ を残しておきましょう。

詳しい慰謝料額を知りたい

実際に慰謝料請求をしようと思った場合には事案ごとの裁判例などを見てどれくらいの慰謝料が実際に妥当かどうかを見なければなりません。その場合は一度、専門家である弁護士に相談されることをおすすめします。無料の電話相談なども活用し一般的な見解を確認すると共に、こじれそうであれば依頼する事も視野にいれて自分に合う弁護士を探してみてはどうでしょうか。(実際に依頼をした時には費用はかかります。)

無謀に高い慰謝料請求はトラブルのもと

慰謝料はこころに受けた痛みをお金に換算するわけですから「このくらい払って貰わないと気持ちが収まらない」「これっぽちのお金じゃ許せない」などと考えるのが本音でしょう。
だからたいって法外な金額をつきつけるのは論外です。慰謝料に規定が無いとはいえ、それなりの相場というものがあるんですから、折れるところは折れてしまいましょう。

怒りにまかせて高額な慰謝料を請求した場合、話し合いは進まなくなってしまい、その上最後は裁判離婚にもちこんだとして、そこで自分の主張が通れば良いのですがまさかの慰謝料0円の判決が出る場合も否定出来ません。欲張らずに冷静に判断することが大切です。

まとめ

おすすめとしては前途でも述べた通り、弁護士などの専門家に現在の状況について相談し妥当な慰謝料の相場はどれくらいなのか?などを無料相談で聞いてみることでしょう。
実際に依頼になった場合は費用がかかりますが、初回の相談は無料や、30分5400円で相談にのってくれる弁護士の先生が沢山いらっしゃいます。
電話相談も最近は増えていますので有効に力を借りてみるのも良いでしょう。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.