離婚の慰謝料請求

慰謝料って必ずもらえない?離婚の慰謝料の基本的知識

更新日:

札束_s

慰謝料請求出来るケース、出来なケース

離婚する場合、必ず慰謝料は貰える?特にこのような考え方をしている人が女性には多いようです。慰謝料には貰える場合、貰えない場合が存在します。しっかりと基礎知識を持った上で弁護士へ相談するなり、協議離婚するなりする事をおすすめいたします。

慰謝料の請求がケース・出来ないケース

慰謝料請求出来るケース

・相手の不貞行為(浮気、不倫など)
・悪意の遺棄(同居の拒否など)
・身体的、精神的暴力行為
・生活費の不払い
・ギャンブルなどの浪費癖
・度を越した飲酒癖
・性行為の拒否、強要、不能
・相手側からのいっぽい敵な離婚申し入れ

慰謝料請求出来ないケース

・性格の不一致
・強度の精神疾患
・有責行為が双方に同程度ある場合
・信仰上の対立
・相手の親族との不和
・有責行為がない場合
・すでに夫婦関係が破綻していた場合
・財産分与の一部などですでに損害が補てんされている場合。

慰謝料の基本的原則

離婚における慰謝料とは離婚の原因を作った責任が重いほうが相手に対して支払うもの。たとえば、不倫の言い訳として、「妻が出歩いてばかりいた」と申し立てた場合、それが不倫と同等のゆう席行為と認められるかどうかで、慰謝料の支払い義務が決まります。したがってお互いに慰謝料の支払い義務が発生する場合もあります。(その場合は痛み分けで慰謝料の請求はしないということになりやすいです)

通常の慰謝料の加害者と被害者

離婚に限らず、違法行為や不当な行為によって被害にあった場合は慰謝料の請求が出来ます。通常、慰謝料を請求する側を被害者、請求される場合を加害者と呼びますが離婚などの場合は使わないのが一般的です。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.