離婚の慰謝料請求

離婚の慰謝料ってどんな時請求出来る?請求出来るケース、出来ないケース

更新日:

お金_s
慰謝料請求、と言っても離婚すると決まれば慰謝料の請求が出来ると思っているいる人が多いのではないだろうか?離婚=慰謝料というのは大きな間違いです。慰謝料の本質的理解をした上で離婚の話し合いをすることをオススメいたします。

慰謝料ってなに?

慰謝料とは精神的苦痛の損害賠償なんです。慰謝料とは財産分与よりも身近で離婚→お金の話し→慰謝料を連想してしまいがちで離婚する時は慰謝料が必ず貰えると思っている人が多いようです。これは全くの間違いです。慰謝料とは相手の行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償の事です。財産分与とは異なり、離婚をする際にに必ず請求出来るものではないのです。精神的苦痛とは当人にしかわかりませんが、離婚の慰謝料とは一般的に結婚生活の中で相手が浮気をしたとか、暴力(DV)をふるったなどの不法行為があり、相手の責任が明らかな場合請求する事が可能になります。この時に証拠となるものがある場合、慰謝料を請求する弁護士などにとっても話しをスムーズにすすめることが可能になります。

離婚の慰謝料が持つ2つの要素

離婚の慰謝料には相手の不貞、悪意の遺棄、暴力など、いわゆる法律で定められた離婚事由に相当する、相手の不法行為などによってこうむった精神的苦痛に対する離婚原因慰謝料の他に、離婚させられる事によって精神的苦痛を受ける成婚自体慰謝料があります。離婚自体慰謝料の場合、例えば夫婦仲がよく、円満な結婚生活を送っていると信じていた所に離婚を切りだされ、理由も分からずに離婚を受け入れる結果となった場合に受ける精神的苦痛に対して慰謝料を請求する事です。この2つは特に区別される事なく慰謝料でまとめられている事が多いです。

慰謝料請求出来る人、出来ない人

慰謝料請求が可能なケースとしては、不貞、暴力、夫婦の同居義務、協力義務・扶助義務違反、通常の性行為の拒否などがあげられます。また、過度な飲酒、ギャンブル、などの浪費、異常な性行為の強要なども、慰謝料請求に値する有責行為と見なされます。しかし、離婚理由としてもっとも多い正確の不一致はよほどのことがない限り、有責行為の判断が難しい為、慰謝料の対象にはなりません。親族との問題、宗教上問題なども、基本的に対象外とされます。
さらに、ふうふそろって不倫をしていた場合は、請求の対象となるのですが、お互いに同額の請求となる為、無意味となり慰謝料請求はされないケースがほとんどです。ととえ相手の浮気が先でその報復としての浮気でも、そうした事情は考慮されず請求が難しいことを認識しておきましょう。

まとめ

離婚=慰謝料の前に、今回の離婚問題において慰謝料請求は可能なのか?を冷静に判断することが大切です。もし判断が付かない場合は、専門家である離婚、慰謝料請求関係に強い弁護士の先生にご相談されることをオススメいたします。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.