調停離婚について

離婚調停を弁護士に依頼する場合の4つのメリット

投稿日:

離婚調停を弁護士に依頼するメリット
離婚をしたと思った場合、夫婦間だけの話し合いだけで簡単に合意してしまえば良いのですが、ほとんどの場合、そのように簡単にいくことはありません。
そんな時に頼るのが裁判所の調停です。

調停はできる限り、調停員に好印象を与えていくことで自分にとってメリットのある合意内容を引き出していくことが可能になります。

その為には複数のポイントがあるのですが、簡単にいうと弁護士に依頼をしてまったほうが精神的に体力的にも費用対効果が大きいと言える場合があります。

今回は離婚調停を弁護士に依頼した場合、弁護士費用や、弁護士が対応してくれる事など含めて理解していただきどれくらいメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

離婚調停とは

離婚協議によって夫婦だけでの話し合いで離婚の同意が得られなかった場合、次の手順として進むべきは離婚調停です。
離婚調停とは家庭裁判所の調停委員に仲介してもらい離婚を成立させる方法のことを言います。この場合調停委員は夫婦双方の話しを聞いて両者が納得いくような解決策を導いてくれます。
離婚調停の手続きと気になる費用

離婚を弁護士に依頼するメリット

協議で離婚の合意が取れなかった場合、調停に進むわけですが、離婚調停をより有利に進める為には弁護士の力をかりる事をオススメいたします。

弁護士へ依頼するべきなのでしょうか?弁護士に依頼する場合のメリットについてまとめてみたいと思います。

1.調停委員に行為印象を与えられる

①好印象を与える
離婚調停を有利に進める為に必要なのが調停委員にいかに印象をよく見せるか、です。
基本的には調停は委員は中立でなければなりませんが、調停委員も人です。印象が良い人と悪い人とを較べてしまった場合は当然、感情が結果へと繋がることは少なくありません。弁護士はそのポイントも理解しており、どのように伝える事が出来れば真摯さが伝わるかを理解しています。

②本気度を伝える
調停で弁護士を依頼することで調停委員に対して「この人本気だな」という思いを伝えることが出来、有利に進みやすくなる可能性があります。

離婚調停を有利にすすめる4つのポイント 

2.書類関係の準備の手間が省けます

離婚調停を行う場合、以下のような書類を準備していく必要があります。
1,申立書などの用紙を入手しましょう
2,必要事項を記入します
3,必要な添付書類を揃えます
4,管轄の家庭裁判所を調べます(通常は相手が所在する家庭裁判所)
5,申立手続きを行う

弁護士に依頼した場合、上記の書類関係の準備、手続きを代理人として行ってくれます。
ですから弁護士に依頼しない場合は上記書類準備、手続きはご自身での対応となります。
離婚調停の手続きと気になる費用

3.貴方のミカタになってくれます

離婚調停は想像以上に体力的にも精神的にも大きな負担がかかる事があります。そんな時にプロの目線で真摯にアドバイスをしてくれる人が近くにいるだけで楽になれる事は多いと思います。

4. 審判・裁判に進む際に有利になる

調停が不調(合意しなかった)になった場合次に進むのが審判・裁判になります。審判と裁判は過去の調停での資料なども含めて判断される為、調停から弁護士に依頼をしている場合、より有利に審判、裁判も進めることが可能になります。

調停申し立てに必要な費用

離婚調停を申立るには調停費用が必要になります。

1.収入印紙

1200円の収入印紙が必要になります。郵便局で購入しましょう。

2. 連絡用の郵便切手

相手方に郵送物を送付する時にかかる費用です。家庭裁判所の場所によって異なりますので直接確認してください。大体800円前後です。

調停離婚に必要な弁護士費用の詳細

基本的に弁護士費用は「一律でいくら!」という固定の費用は決まっていません。また、最近ではインターネット広告を中心に初回の相談料は無料にしてくれる弁護士の先生も増えています。

ちなみに離婚調停を行った場合に最終の結果を獲得するまでにかかる費用は大体70万〜80万ほどかかると言われています。内訳を見てみましょう。

1. 相談費用

まずは弁護士に現在の争っている状況を伝え今後の戦い方などについてアドバイスを貰う必要があります。相談表の相場としては30分5000円(税抜)が必要になります。最近ではインターネットを活用して複数の弁護士が広告を出しており初回相談は無料の弁護士から相談に関しては何度でも無料という先生もいらっしゃいます。ネットで検索される事おすすめいたします。

2.離婚調停の着手金

離婚調停をお願いする弁護士に対する初期費用みたいなモノが着手金です。
相場としては20万〜40万程度です。

3.離婚調停の基本報酬

調停離婚が解決、終了した事に対してかかる費用です。
相場は30万〜40万です。そのほか基本報酬以外に親権獲得、慰謝料獲得など各種の依頼にあわせて別途費用が必要な場合があります。弁護士によって対応は異なるので予め確認しておきましょう。

離婚調停を弁護士に依頼するのは得策か?

離婚調停をおこすことを検討されているのであれば一度だけでも弁護士に相談しておくことはオススメいたします。それから依頼するかどうかを判断しても全く問題はありません。離婚調停を申し立てる事によって自分に有利に離婚が成立した場合の経済的利益、親権などのメリットを総合的に判断することでご自身の事案での解決の難易度なども確認することが出来ると思います。そういった事を最終的に考慮して弁護士に依頼するか否かを決めて行くと良いかと思います。

まとめ

離婚調停を弁護士に依頼する場合の4つメリットについてまとめてみました。
記事中にも書いていますが、最近では初回相談を30分無料もしくは初回相談料無料で相談に乗ってくれる弁護士の先生が多くいらっしゃいます。
見通しだけでも一度は無料で相談されてみることおすすめいたします。

-調停離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.