調停離婚について

調停離婚が成立したその後の手続き

投稿日:

離婚調停後の手続き

離婚調停が佳境を迎えて離婚成立が見えてきた場合、次に気になるのは離婚調停が成立した後の手続きではないでいしょうか。今回は離婚調停が成立した後に、何をするべきなのか?についてまとめていきたいと思います。

調停調書が作成される

離婚調停の成立とは正式には調停調書が作成された時点の事を言います。
調停での話し合いが夫婦で合意し、調停委員が離婚することが妥当と認めた場合に調停調書が作成され離婚が成立します。

 流れ

成立の最終作業としてはそれまではほとんど調停室に来ることが無かった裁判官が出席して、書記官が立会、夫婦で合意した内容を読み上げていきます。そして夫婦に確認していきます。

調停調書の役割

ここで調停調書が作成された場合、その力は裁判の確定判決と同等の効力があり、調停調書に記されている事が実際に履行されなかったときには強制執行がされます。

調停調書はキチンとチェック!

一度承認されて確定したものは変更してもらう事は出来きません。ですので、内容に関して理解出来ない事があった場合、異議を申し立てたいと思った時にはその場で指摘をして訂正を求めるようにしましょう。特にお金に関する事項は支払いは一度承認されれば法的な効力を持ちますので、強制的に執行されますので、適当に流す事が内容にしましょう。

内容にもよりますが、数日後に調停調書が郵送で送付された際に違和感を感じるような事があった場合には作成直後の為に訂正に応じてくれる場合もあります。もし、おかしいと思うような事が記載されていた場合にはダメ元でも裁判所にすぐに連絡しましょう。

離婚届を提出する

調停調書が完成して調停離婚が成立したとしても全部の手続きが完了したわけではありません。次に戸籍を別々にするする手続きが必要になります。
調停離婚での離婚の場合は調停が成立した日から10日以内に原則として申立人が離婚届を提出しなければなりません。上記期日を過ぎてしまうと罰金が科さられる事があるので注意が必要です。

離婚届の作成と提出場所

離婚届は協議離婚と同じ用紙に記入するわけですが、その場合、相手の署名も捺印も証人も必要ありません。また、提出時には離婚調停謄本が必要なので交付手続きをしておくこと。それを添えて本籍地か住所地の役所に届け出ます。
これにより全ての離婚手続きが完了します。

まとめ

離婚調停成立後の流れについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

-調停離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.