調停離婚について

調停離婚を有利にすすめる4つのポイント

投稿日:

2958ed5cfe9abc24c40675e2ba570452_s

調停離婚を有利にすすめいた

出来るだけ有利にすすめた、そう思う人は多いと思います。
実際に調停離婚をする場合、その場に立ち会う調停員も人間です。
ここでは少しでも調停離婚を有利にすすめたいという人の為にポイントを解説していきたいと思います。

その1調停員に印象を良く見られる

調停委員は基本的に中立でなければなりません。
とはいえ調停委員も人です。
印象の良い人と悪い人を比べた時には多少なりとも感情が出てしまうのは当然です。
だからこそ礼儀礼節を重んじて調停を進めることが大切です。
例えば入室時の一礼、顔を合わせた時の挨拶など徹底してください。
また横柄な態度は取らない、派手な服装はしない、乱暴な言葉は発しない事も大切です。
そして何より調停の場では冷静を貫き、感情的にならない事が大切です。

その2証拠を集めておく

自分の主張が正しい事を調停委員に理解して貰えるように証拠を集めておきましょう。
調停の場は感情をぶつけ合う場所ではありません。
冷静に理論的にお互いの主張をすり合わせていく場所です。

その3相手が主張しそうな事をイメージ

相手が主張しそうな事をあらかじめ予測しておき、それに反論する内容を考えておきましょう。
準備をすることでより有利に話しを進めていくことができます。

その4弁護士に依頼することで更に有利になることも

調停離婚においては必ずしも弁護士が必要という訳ではありません。
ですが、弁護士に依頼することで高額な慰謝料を請求出来るケースもあります。
また、弁護士費用をかけてまで調停に挑むわけですから、調停委員に対して「この人は本気だな」っという好印象を持たせることも可能になります。
弁護士に関しては依頼をするかどうかは別にして必ずアドバイスは聞いた方が良いと思います。

弁護士に無料相談できるの?

最近では弁護士業はサービス業化しており、「初回の相談は無料でお話聞きます」だったり、「電話相談無料です」といったサービスを展開している弁護士の先生も複数いらっしゃいます。
まずは無料相談にのってくれる弁護士の先生に一度相談はされることおすすめいたします。

-調停離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.