調停離婚について

夫婦の話し合いを仲介する調停離婚てなに?

投稿日:

19a1e762ef958f72ffa6f961de2ee055_s

目次

  • 協議離婚で話しがまとまらなかった、次は調停離婚?
  • 協議離婚不成立の場合の次の方法
  • 調停のやり方ってどうするの?
  • 相手が弁護士を立ててきたらどうする?
  • 調停で弁護士をつけるか迷っている

協議離婚で話しがまとまらなかった、次は調停離婚?

この記事を読んでおられる方はおそらく協議離婚中、若しくは協議離婚が不成立に終わってしまい、次の手段として調停離婚について調べておられるのではないでしょうか?
協議離婚で揉め事も少なく話し合いが成立するのが最も良い事ですが、全ての離婚が協議離婚でまとまるわけではありませn。
ここでは調停離婚に進む方の為に知っておいていただきたい事項をまとめていきたいと思います。

協議離婚不成立の場合の次の方法

残念ながら協議離婚で最終結論に行きつけなかった方。
次に進むべき道は調停離婚になります。
調停とは、一般的に「第三者が間に入って話しをまとめる」という意味になりますが、法律用語としては、「裁判所その他の公の機関が中に立って、当事者の互譲により紛争を円満に和解させること」。
夫婦の一方が離婚に応じない、離婚条件で折り合いがつかないなどで協議離婚が出来ない場合、家庭裁判所に調停を申し立てることにより、離婚の話し合いを進めることが出来ます。

離婚調停は、家庭裁判所の調停委員が双方の話を聞き、解決策をさぐります。そして、最終的に話しがまとまり、お互いが合意すれば調停離婚が成立しますが、調停は仲裁でも強制でもないので、話がまとまらなければ不成立となります。

調停のやり方ってどうするの?

まず調停を起こす場合にやるべきことは夫婦のどちらかが申立人となって家庭裁判所に夫婦関係等調整調停の申立書を提出します。
調停と言っても法律を司る家庭裁判所が間に入るのでご安心ください。
弁護士などの専門家に依頼するのも一つですが、必ず弁護士が必要というわけではありません。
調停の内容は、調停員が夫婦に直接質問をしていく形で進められます。
従いまして特に弁護士の力が無くても進めて行ける事が多く法律の専門知識が必ず必要ではありません。

相手が弁護士を立ててきたらどうする?

調停の中で相手が弁護士を付けてきた場合、「自分も弁護士を立てるべきでは?」と、とても不安でしょう。
または今回の離婚自体が複雑で、裁判にもなる可能性が高いなど、調停から弁護士に依頼をしておいた方が良い内容などると思います。
しかし、何でも弁護士に依頼してしますとそれなりの費用がかかってしまいます。
ですので弁護士に依頼をする場合は慎重に考える事が必須です。

調停で弁護士をつけるか迷っている

調停で弁護士を立てるかどうか迷った場合でも、最近では無料で離婚問題について相談を聞いてくれる弁護士の先生が複数いらっしゃいます。
その後依頼になった場合にだけ費用が発生するので、一度弁護士の先生に相談するのも一つかと思います。

-調停離婚について

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.