不倫慰謝料請求の為の情報サイト

離婚慰謝料弁護士ラボ

離婚の慰謝料請求

離婚を考えた時の損しないお金の知識

投稿日:

e080599df6c82d4df71bd0f2ad64ddec_s

損しない離婚とお金の知識誰かおしえて〜

離婚を思い立った時にまず考えるのは今後の生活、お金の心配ではないでしょうか?
今後生活するのにどれくらいお金が必要か?
今回の離婚でどれくらい慰謝料がもらえるか?
養育費はどれくらい貰えそうか?
あとは何が貰えるの?
「離婚したい!」という感情が強くなっている中で冷静に考えなければならないのが今後のお金の話しです。
それでは離婚で得る事が出来るお金の話しを見ていきましょう。

離婚で揉めるのはほとんどがお金の話し

離婚する話し合いがスタートしていくと必ずと言っていいほど揉めるのがお金の話しです。
お金の話しはひとつ間違えてしまうと取り返しのつかない大きな問題に発展することがあります。
夫婦双方がお金に興味がなく無欲な夫婦であれば問題はないのですが、そんな夫婦は中々いません。
みんな出来る限り出て行くお金はすくなく、貰うお金は大きく、という事を考えていることでしょう。
人間の本性が出てしまう、それがお金の性質です。
油断してはいけません。

賢くお金をもらう

離婚に関するお金の話しでは出来るだけ有利に話しをすすめる事は勿論です。
そのなかで重要なのが「どの性質のお金をどのくらいもらう権利があるか?がポイントです。」
その為には必要な知識を身につけて正当なお金を貰う事が必要です。

揉めたら弁護士に相談

夫婦間で解決することが難しいようであれば法律の専門家である弁護士に相談するのもひとつです。
特に最近では離婚問題に強い弁護士の先生もいらっしゃいます。
それでも話しがまとまらない場合は家庭裁判所の力をかりて調停をおこし解決させる事も可能です。

離婚で動くお金の種類

慰謝料

離婚の原因になった精神的苦痛、肉体的苦痛に対する損害賠償です。
離婚するだけで必ず請求出来るわけではなく、離婚原因になる精神的苦痛、肉体的な苦痛がなければ請求することはできません。
離婚=慰謝料では無いことを覚えておきましょう。

養育費

未成年のこどもの生活費や教育費、医療費などの費用の請求。
支払い義務が発生するのは子供と別居する側になります。

財産分与

基本的には夫婦が婚姻中に蓄えた財産を共有財産と見て財産を分ける事を言います。
離婚の原因は関係なく、夫婦双方に権利があるのが財産分与です。

婚姻費用

婚姻中に別居していたなどの理由で未払いの生活費を請求することができます。
婚姻中は別居だろと同居だろうと収入の大きな方が生活費の支払いをするべきと法律で決められています。
婚姻費用は離婚時にまとめて請求することができます。

-離婚の慰謝料請求

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.