不倫慰謝料請求の為の情報サイト

離婚慰謝料弁護士ラボ

親権に関して

どうするの?離婚問題で親権争となった場合の対応方法

更新日:

24f7f406f524ffc195b71f8f8c72f247_s

親権争いになったらどうするの?

離婚問題の中で親権者を決める際に夫婦間での協議で決まらない場合は家庭裁判所の調停を使って親権を決めます。
しかし、調停は法的な効力は無い為、不服な場合は審判に移行されます。
親権決定への流れについて見ていきましょう。

話し合いで決まらない場合は家庭裁判所へ

離婚協議の中で親権者がなかなか決まらない場合は家庭裁判所に調停・審判を申し立てます。
申し立て親権者の指定だけでもよいのですが、離婚調停を起こす方が現実的です。
そうすれば、教育費を含めたた他の問題も解決できて、離婚後のトラブル予防にもなるからです。
親権者指定の場合でも、離婚調停同様、家庭裁判所の調停委員が夫婦それぞれの言い分を聞き合意へ導くかたちですすめるもので、法的な効力はありません。
調停が不成立のなら自動的に審判に移行されるので、不服があれば不服抗告を申し立ててます。
離婚調停でも親権者指定の調停でも、家庭裁判所の調査官が現状や親権者の適格性、子供の意思などを詳細に調べる他に、必要ならば弁護士を子供の手続き代理人に選任して、子供の移行を反映した最善の選択を意見等します。
その上で、調停委員や裁判官は親権者を指定します。

子供の意思は最優先に尊重されるの?!

親権者指定に子供の意思尊重の原則はあるものの、母親優先の原則、事実状態保護の原則、きょうだい不分離の原則、離婚に際しての有責性なども考慮して、裁判所は子供の利益を優先して親権者を決めてきました。
父母のどちらが親権者になるかは、子供にとって重要な問題です。子供の意見を代弁する代理人がつくようになった事で、子供の意思が最優先になって欲しいものです。

-親権に関して

Copyright© 離婚慰謝料弁護士ラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.